So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
太陽と月の神話 ブログトップ
前の10件 | -

太陽と月の神話201  コヨーテ、太陽からタバコを盗む(アメリカ・アパッチ族) [太陽と月の神話]

こんにちは。太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

太陽と月にまつわるお話は世界中にたくさんあります。
太陽と月の魔女ブログでは、そんなお話をご紹介していきたいと思います。
今日は、北米の先住民アパッチ族に伝わる太陽にまつわるお話をご紹介しましょう。

アパッチ族にとって、タバコは
世界の創造主である大いなる存在とアクセスする特別な道具でした。
そのタバコは太陽だけが持っていたのです。
それをコヨーテが横取りした、というお話。

ある日、コヨーテは太陽の家に出かけました。
太陽は留守で、太陽の妻しかいなかったので
こっそりと太陽のタバコを盗み出し、
素知らぬ顔をして帰りました。

帰宅して、タバコ入れの中身が減っていることを知った太陽は
ものすごく腹を立て、コヨーテを追いかけます。

ところがコヨーテに追いつく前に
コヨーテが持っていたタバコが成長し、
見る間に芽を出し、葉が出て、花が咲き、熟し、乾き…
終いには種までできて、風があちらこちらにその種をまき散らしてしまったのです。

この様を見た太陽は、コヨーテを追うことを諦め、すごすごと家に戻りました。

一方、コヨーテの持つタバコは、人間たちの羨望の的。
しかし、いくら分けてほしいと頼んでも、
コヨーテは頑として首を縦に振りません。
そこで人間たちはコヨーテに妻を与え、
かわりにタバコを手に入れようと策略を練りました。

ところが夕暮れ時にコヨーテに与えられた妻は、女装した少年。
それに気づいたのは、もう夜明けも間近な頃だったのですが、
時すでに遅し。

こうして人間たちは、
本来ならば太陽だけが持ってるはずタバコを手に入れたということです。


参考:「太陽と月と星の民話」三弥井書店


posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の神話 第 200 回 月が不規則な動きをするのはなぜ? [太陽と月の神話]

月の魔女・小泉茉莉花です。

太陽と月にまつわるお話は世界中にたくさんあります。
太陽と月の魔女ブログでは、そんなお話をご紹介していきたいと思います。
今回は、ネイティブアメリカンのナバホ族のお話をご紹介します。

人類初の男と女は、闇を照らすために、水晶を固めて光の円板を二つ作り、
それをトルコ石とサンゴで飾って、空に置きました。
これが太陽と月になったのです。

でも、最初の太陽と月は動かずに一か所に止まっていたので、
地上は大変な熱波でおおわれました。
ところが男と女は太陽と月を動かす方法を知りません。

そのとき、二人の老賢者が現れて助言しました。
「鷲は羽根で飛ぶ。太陽と月に羽根をつけたらどうか?」
そこで男と女は太陽と月にそれぞれ12枚の羽根をつけて飾ったのです。
12枚の羽根は横道12星座をあらわすのだそうです。
太陽と月は動き始めました。

そのとき、一人の少年が月の動きを助けようと、
羽根にふーっと息を吹きかけました。

そのためにわずかに月は軌道をはずれ、このときから不規則な動きをすることに
なったというわけです。

参考文献 ルネーション占星術 小泉茉莉花・鏡リュウジ共著 大陸書房

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の神話199  ウサギ、太陽を取り戻す(ロシア・エスキモー) [太陽と月の神話]

こんにちは。太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

太陽と月にまつわるお話は世界中にたくさんあります。
太陽と月の魔女ブログでは、そんなお話をご紹介していきたいと思います。
今日は、ロシアのエスキモーの間に伝わる太陽のお話をご紹介しましょう。

あるときのこと。
トゥンガクと呼ばれる魔物たちが太陽を盗んでいきました。
ツンドラでの出来事です。

太陽がなくなったため、ツンドラに住む獣も鳥も
みな、暗闇の中で手探りで生活せざるを得なくなり、
大変困ってしまいました。
そこで、賢者である老ワガリガラスが獣や鳥を集め、こう言いました。
「この土地からそう遠くない所の地下深くにトゥンガクが暮らしている。
盗んだ太陽を白い石の器に入れているそうだ。
それを奪い返そうではないか!」。

そして力の強いヒグマを候補に挙げたのですが、
ヒグマはご馳走を見つけると太陽のことなど忘れてしまうだろうということで、却下。
狼も候補に挙がりましたが、
トナカイを見つけて舌鼓を打つうちに太陽のことを忘れるだろうと、これも却下。
最後にネズミが言いました、
「ウサギは跳ねるのが得意だから、飛び跳ねて太陽を捕まえられると思う」と。

そこでウサギが太陽を奪い返しにいくことになりました。
何日も何日も歩いていくと、地面の裂け目から光がもれている場所があります。
中を覗くと、大きな白い石の入れ物の中に
煌々と輝く毬が入っているのがわかりました。
その明かりが、地価の国を明るく照らしていたのです。

ウサギがそーっと地下に降りていくと、さいわいトゥンガクはみな、眠っています。
そこで白い石の入れ物に入った輝く毬をつかみ取り、
後ろ足で思い切り地面を蹴って、地上へと飛び出しました。

それに気づいたトゥンガクはウサギを追いかけます。
ウサギは一目散に逃げていきます。
もうすぐトゥンガクに追いつかれるというところで
ウサギは赤く輝く毬を手で叩きました。
すると毬は割れ、大きい片割れと、小さい片割れの2つに。
小さいほうを上へ放り投げると、天へと高く上り、月になりました。
大きいほうを、もっと力を込めて上へと投げると
天にくっついて太陽になりました。
そのとたん、地上はパッと明るくなり、
トゥンガクたちは、その明るさに目がくらんで、地下の国へと戻っていきました。

以来、トゥンガクは一度も地上には現れていないということです。


参考:「太陽と月と星の民話」三弥井書店


posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の神話 第198回 アルタイ地方の月蝕の話 [太陽と月の神話]

月の魔女・小泉茉莉花です。

太陽と月にまつわるお話は世界中にたくさんあります。
太陽と月の魔女ブログでは、そんなお話をご紹介していきたいと思います。
今回は、ロシアのアルタイ地方のお話をご紹介します。

アルタイ地方のトゥヴァには人間を食う魔物マングィスがいて、
月に浮かぶ島に鎖でつながれていました。

マングィスは今も3カ月に一度、鎖を解かれて、月と闘うので暗闇になります。

この日は精進の日とされて、人々は肉を食べず、死なないと言われています。

モンゴルやトゥヴァでは、月蝕になると人々は鉄をたたき、
「月を返せ」と叫ぶのだそうです。

参考文献 世界の太陽と月と星の民話  外国民話研究会 三弥井書店   


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の神話196  モグラの太陽退治(日本・九州) [太陽と月の神話]

こんにちは。太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

太陽と月にまつわるお話は世界中にたくさんあります。
太陽と月の魔女ブログでは、そんなお話をご紹介していきたいと思います。
今日は、わが国日本は九州に伝わる太陽のお話をご紹介しましょう。

太陽があまりに照りつけるため
暑くて暑くてたまらなくなったモグラは
太陽を弓矢で射落としてやろうともくろみました。
ところが、その計画を知ったカエルは
これ一大事とばかり、太陽のもとに馳せ参じ、
モグラの企みを知らせたのです。

カエルからの密告を受けた太陽は怒りに震え、
モグラをつかまえて罰することにしました。
そのためモグラは地中から出てきて太陽の光に当たると
死んでしまうようになったのです。

一方、カエルには褒美が与えられました。
それは、どれほど寒いときでも、
子供を産むときには太陽が水をあたためやること。
そのためカエルは無事に産卵でき、
オタマジャクシからカエルへと成長できるのだとか。

またモグラが弓矢を射るときに腰かけていた松の切株に対しても
太陽は怒りを向けました。
その結果、松の切株からは決して芽が出ないようにしたということです。


参考:「太陽と月と星の民話」三弥井書店


posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の神話 第197回 月と27宿 [太陽と月の神話]

月の魔女・小泉茉莉花です。

太陽と月にまつわるお話は世界中にたくさんあります。
太陽と月の魔女ブログでは、そんなお話をご紹介していきたいと思います。
今回は、インドのお話をご紹介します。

古代インドでは太陰暦は古代インドでは最も重要な暦でした。
このためインドの神話では、黄道の星座帯は12宮ではなく、27の月宿に分けられます。
つまり、地球からみると恒星に対して、約27日
でひとまわりする月は夜ごとに宿を変えます。

各宿には、互いに姉妹である27人の妻がいるのです。
月宿の順番はプレディアスが先ですが、お気に入りの妻はアルデバランです。
月がアルデバランを寵愛するあまり、他の妻たちは不幸せです。
そこで、みんなで父親に訴えました。

父は、月に対して、ニ回警告しました。
それでも、聞かないので月の体が次第に衰弱するようにのろいをかけました。

驚いた月が何度もお願いしたので、父はこの願いをうけいれ、
月がすべての妻を平等に扱えば、衰弱した後で再び元の姿に戻れるようにしました。

それ以来、月は満ち欠けするようになったのだそうです。

参考文献 アジアの星物語 海部宣男監修 万葉舎


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の神話195 太陽の息子エリダノス(イタリア) [太陽と月の神話]

こんにちは。太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

太陽と月にまつわるお話は世界中にたくさんあります。
太陽と月の魔女ブログでは、そんなお話をご紹介していきたいと思います。
今日は、イタリアに伝わる太陽の神話をご紹介しましょう。

エジプトを船出してイタリア北部の大きな川のほとりに住み着いたエリダノス王子は、
馬車ごと川に落ちて死んだといわれています。
そのエリダノス王子こそ、太陽の息子。

「何の証拠があって太陽の息子というのか」
その言葉を漏れ聞いたエリダノスは、
かーっとなって、太陽の住まう家に行きました。
光の馬車に乗り込む前のしばしの休息をとっていた太陽に会うためです。

父親である太陽は、光り輝き、
まぶしすぎて真正面からその顔を見ることができないほど。
いえ、実際、人間は太陽をまっすぐにみることはできなかったのです。

エリダノスもまた、父である太陽のまぶしさに
その目を伏せてしまいました。
が、太陽は優しい声でエリダノスに聞きます、
「なぜ、ここにやって来たのだ?」。

エリダノスは「僕が太陽の息子である証拠がほしかったから」と答えました。
そして「1日だけでいいから、お父さんの火の馬車に乗って
空を飛ぶ馬の手綱を握らせて!」と頼んだのです。

「それだけは無理だ!」と太陽は拒否しました。
なぜって、太陽神をしても
天かける”火を吐く馬“を御すことが難しいのですから。
朝、空に急上昇し、昼には天高く上り、
夕方には急降下することがどれほどの技術を必要とするか、
一生懸命に語りました。
けれど息子エリダノスは頑として意思を曲げようとはしませんでした。

仕方なく、空の軌道を絶対に外れないようにと言い聞かせ、
馬車を息子に渡しました。
意気揚々と馬車に乗り込んだはいいものの、
馬たちはすぐに軌道をそれ、天高く舞い上がったかと思うと
今度は地上スレスレを走を走ったりと、
勝手な走り方をし始めました。
馬が吐き出した火によって木々は燃え、
森や作物にまで火が広がります。

神々の王である雷の神は、
太陽の馬車の暴走を一刻も早く止めないことには
世界が破滅してしまうと考え、
一気に稲妻を飛ばしました。
稲妻はまっすぐに空を切り、御者であるエリダノスを打ち付けます。
馬車は引っくり返り、
エリダノスは真っ逆さまになって大きな川に落ちてしまいました。
こうして彼は命をなくしたのです。

その川は、彼の名をとり、エリダノス川と呼ばれたということです。


※ギリシア神話ではパエトンの話として知られています。
166話 をご参照ください。


参考:「太陽と月と星の民話」三弥井書店


posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の神話 第194回 牽牛と織女  [太陽と月の神話]

月の魔女・小泉茉莉花です。

太陽と月にまつわるお話は世界中にたくさんあります。
太陽と月の魔女ブログでは、そんなお話をご紹介していきたいと思います。
今回は、牽牛と織女(彦星と織姫)のお話をご紹介します。

もうすぐ七夕ですね。七夕といえば、牽牛と織女(彦星と織姫)の逢瀬。
牽牛と織女のお話はみなさんよくご存じだと思いますが。。。
実は少しずつ違ういろんなお話があるのです。
本日ご紹介するのは中国のお話のその中のひとつです。

こと座のベガを織女、わし座のアルタイルを牽牛星とよんでいて、
天の川をはさんで瞬きあうこの二つの一等星は夫婦星であると伝えられています。

織女は天帝の娘、天の川の東の岸に住んでいました。
明けても暮れても機を織っている娘を不憫に思った天帝は、
西の岸に住む牽牛という若者と結婚させました。
ところが結婚したとたん、織女は夫のそばをはなれず、
機をおるのをすっかり忘れてしまいました。
怒った天帝は娘を天の川の東の岸に連れ戻し、
牽牛とは一年に一度だけ、7月7日の晩にしか会うのを許しませんでした。

二人はこの日を指折り数えて待っていましたが、
雨がふると水かさがまして川を渡ることができません。

織女は月の渡し人に頼みましたが、冷たく断られてしまいました。
それをみていたカササギが憐れんで天の川にかかる橋となって
織女を向こう岸にわたしてあげて、二人は会うことができたのです。

今年の七夕は晴れますように!

*旧暦の7月7日は上弦の月なので、月の渡し人が月の舟で渡したという説もあります。
*牽牛星と織女星の間にははくちょう座デネブがあります。
昔の中国の人はこれをカササギとよんでいたという説があります。
天の川のまんなかにいるはくちょう座(カササギ)がふたりのかけ橋になったというわけですね。



参考文献 世界神話事典 創世神話と英雄伝説 角川ソフィア文庫








nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の神話193 ミャオ族・9つの太陽 [太陽と月の神話]

こんにちは。太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

太陽と月にまつわるお話は世界中にたくさんあります。
太陽と月の魔女ブログでは、そんなお話をご紹介していきたいと思います。
今日は、中国ミャオ族に伝わる太陽の神話をご紹介しましょう。

その昔、空には太陽がひとつ、月もひとつあっただけ。
その時代はとても平和で、美しく、実りは多く、
人々も動物たちも満ち足りた暮らしをしていました。

ある年、突然、9つの頭を持つ大きな真っ黒の鳥がやってきて
地上を覆ってしまいました。
世界は真っ暗闇になってしまったうえ、
黒い鳥のせいで、雷鳴が鳴りひびき、大風が巻き起こり、
天地は引っくり返りそうなくらいに荒れ放題に荒れたのです。

この黒い大きな鳥は、太陽の樹に8つの金の卵を、
月の樹に8つの銀の卵を産みました。
8864日後、8つの金の卵は8つの太陽に、
8つの銀の卵は8つの月になり、
それ以来、空には全部で9つの太陽と9つの月が出るようになったのです。

そのため地上は干上がり、凶作が続きました。
幸いなことにミャオ族は洞穴に隠れ、災難を免れたのですが、
ミャオ語で“よい兄貴”という意味の名を持つミナションは
この状況に我慢がならなくなりました。
なにせ、助けを呼ぶ声がそこここから聞こえてきたのですから。

そこでミナションは鷹と赤牛、黒犬、雄鶏を連れて
偽の8個ずつの太陽・月の退治に旅立ちました。

まず暗闇にまぎれて鷹が、月の樹にいた8つの偽月の目をついばみました。
そして月の樹から落っこちた偽月8つ全部を黒犬が食べてしまいました。
本物の月は慌てて東の山の後ろに落ちてしまいました。

一方、ミナションは、太陽の樹で眠っていた8つの偽の太陽を
ナタの背で叩き落しました。
落ちた8つの偽太陽は、赤牛に食われました。

本物の太陽はというと、月の娘に自分が本物の太陽だということを示すため
とんぼ返りを打とうとして飛び上がったときに
ミナションの姿を見て、びっくり仰天、
東の山の向こうに落ちてしまいました。

以来、月の樹には月がなく、太陽の樹にも太陽がなくなってしまい、
世界はまた真っ暗に…。
しかもミナションは太陽の樹の上に取り残され、帰れなくなってしまったのです。

そんな折、黒くて大きな、9つの頭を持つ鳥が戻ってきて、
目、鼻、口から火を吐いて、ミナションを焼き殺そうとしました。
そして、またここで金の卵、銀の卵を産もうというのです。
黒い大きな鳥と、ミナションは命を懸けて戦います。

ミナションを助けようと、雄鶏が太陽に向かってやさしく歌いました、
「恥ずかしがってはダメだよ、早く出ておいで、おいで…」と。
すると真っ暗だった空に、本物の太陽が現れました。
世界は光を取り戻し、ミャオ達はまた幸せになりました。

一方、ミナションは大きな黒い鳥を殺し、
月へ飛び移っていったということです。
だから今でも月に見える黒い影は、英雄ミナションのもの。


※「太陽と月の神話50」にもうひとつのミャオ族に伝わる太陽神話があります。
「ミャオ族・6つの太陽」もご参照ください。


参考:『太陽と月と星の民話』三弥井書店

posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の神話 第192回 月の中に鍵 [太陽と月の神話]

月の魔女・小泉茉莉花です。

太陽と月にまつわるお話は世界中にたくさんあります。
太陽と月の魔女ブログでは、そんなお話をご紹介していきたいと思います。
今回は、月にあるという鍵の跡のお話をご紹介します。

聖ペテロが、ある日、天国の門のところで眠り込んで、
手にもっていた二つの鍵の一つを落としてしまいました。
ペテロはまた鍵を取ってきましたが、今でも、月には、
その鍵の跡がはっきりみえます。

参考文献 世界の太陽と月と星の民話 外国民話研究会編訳  三弥井書店

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い
前の10件 | - 太陽と月の神話 ブログトップ