So-net無料ブログ作成
太陽と月の神話 ブログトップ
前の10件 | -

太陽と月の神話 第212回 空の世界 [太陽と月の神話]

月の魔女・小泉茉莉花です。

太陽と月にまつわるお話は世界中にたくさんあります。
太陽と月の魔女ブログでは、そんなお話をご紹介していきたいと思います。
今日は、アメリカに伝わる空の世界のお話。

昔、いろんな動物たちはみんな三番目の世界に住んでいたのですが、
四番目の世界に引っ越すことにしました。

3番目の世界のリーダーはいつも一緒に助け合う事が肝心と念をおしました。
でも、コヨーテだけは、いつもいたずらするし、ずるするので嫌われていたので、
連れていかないことにしました。

でかける用意ができて、みんな四番目の世界にむかって上へあがっていきました。
やっとたどり着きましたがそこは真っ暗。
何もみえなくて、みんながぶっかりあったりするのでだんだんとこわくなって、
うさぎとリスが三番目の世界にもどってリーダーにききました。

リーダーは火をおこして、燃えている間に分厚いマットを織って、
火の中から熱い炭を集めてマットに包み、ぎゅっと先を結んで、
ウサギとリスに第四の世界にもっていくようにいいました。

二人は第四の世界に戻って、空にそれをなげると太陽になりました。
でも、太陽は少しずつ西の方へと動き出して、とうとう見えなくなり、再び真っ暗に。

困ったみんなはまた第三の世界にウサギとリスを戻して、
リーダーに聞きました。

リーダーは前より、もっと大きな炭を作って、マットの上におせて
大きな包みにしました。

それを第四の世界に戻って、空になげると月になりました。

太陽と月だけでは何かが足りない。
またうさぎとリスは第三の世界に戻ってリーダーにききました。

今度は前のよりさらに大きな火をもらって、第四の世界に戻りました。
あまりに重く、熱かったのを我慢したのでウサギの目は赤くなりました。

それをみたコヨーテが二人の後をつけて、のぞいていました。
大きな包みをあけて、アナグマがみんなの絵を熱い炭でマットの上にかいていました。

それをみたコヨーテが飛び出して、それを空になげてしまいました。

炭はばらばらに散って、たくさんの星になりました。
アナグマの描いた動物たちの姿が空にうかんでいます。
これが星座です。
星がかたまったところは銀河です。

コヨーテの悪事をリスは三番目の世界に戻ってリーダーに言いつけます。
リーダーは自分も四番目の世界にいって、コヨーテにでていくように命じ、
マットにいれて、南東の方角に投げ込みました。

リスを北西のすみに送り出して、動物たちの番をするように命じました。

この星座は北斗七星とよばれています。

太陽と月と星はこんな風にできあがったのだそうです。

参考文献 世界の太陽と月と星の民話 外国民話研究会 三弥井書店 



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の神話213  ラーフとケートゥ、日食・月食を起こす(インド) [太陽と月の神話]

こんにちは。太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

太陽と月にまつわるお話は世界中にたくさんあります。
太陽と月の魔女ブログでは、そんなお話をご紹介していきたいと思います。
今日は、インドに伝わる太陽のお話をご紹介しましょう。

あるとき、神々と悪魔とが海をかき混ぜ、
カメいっぱいの“生命の水”を取り出しました。
ヴィシュヌ神が美しい少女モーヒニーの姿となって
神々にこの”生命の水“を少しずつ分けていきました。
むろん、太陽神、月神にも。

しかしラーフという名の悪魔が太陽神と月神の間に座り込んだため、
美少女モーヒニーはラーフにも”生命の水“を分け与えてしまったのです。
太陽神と月神が「ラーフは悪魔だ!」と教えたのだけれど
時すでに遅し。
ラーフは”生命の水“を飲み干してしまったのです。
それを知った美少女モーヒニー、実はヴィシュヌ神は、
すぐさまラーフの首を切り落としました。

けれど”生命の水”を飲んでしまったため、
ラーフは死に至ることはなく、
首がケートゥとなり、身体はそのままラーフとなって、
天の7つの星座に加えられたのです。
そればかりか、太陽神と月神のせいで首を切られたことを恨み、
ときどき太陽と月の仕事の邪魔をしに来るのです。
それが日食であり、月食であるというわけです。


参考:「太陽と月と星の民話」三弥井書店


posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の神話 第211回 ポリネシア ヒナ もうひとつのお話 [太陽と月の神話]

月の魔女・小泉茉莉花です。

太陽と月にまつわるお話は世界中にたくさんあります。
太陽と月の魔女ブログでは、そんなお話をご紹介していきたいと思います。
今日は、ポリネシアに伝わる月の女神ヒナのお話です。
2012年1月にご紹介した月の女神ヒナのもうひとつのお話です。
https://sunandmoon.blog.so-net.ne.jp/2012-01-08

あるとき、ヒナはタパ(樹皮布)を作るために威勢よく木の皮をたたいていました。
創造神タンガロアはカヴァ酒を飲みすぎていたので、
ヒナのたたく音がうるさくて我慢できなくなりました。

そして使いの者をやってヒナにやめるようにいいましたが、
ヒナはやめませんでした。
タンガロアは怒ってヒナをたたくようにいいました。
使いの者がヒナを強くなぐったので
ヒナの魂は体からぬけて月に昇っていきました。

今もヒナは月に住んでタパをたたき続けています。
月の中の影はその姿。

参考文献 世界神話事典 大林太良他編 角川ソフィア文庫
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の神話210  太陽をワナにかけた少年(カナダ・キャリアー族) [太陽と月の神話]

こんにちは。太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

太陽と月にまつわるお話は世界中にたくさんあります。
太陽と月の魔女ブログでは、そんなお話をご紹介していきたいと思います。
今日は、カナダの先住民であるキャリアー族に伝わる
太陽のお話をご紹介しましょう。

ある日、キャリアー族の少年が狩りに出かけたときのこと。
高い木に登り、どんどん上へと登っていくと、
とうとう天に着いてしまいました。
そこでワナを仕掛けてみたところ、
太陽がかかってしまったのです。
少年はあまりの熱さに、ワナをはずすことができません。
このまま焼け死んでしまうかと覚悟を決めたとき、
ネズミが現れました。
これ幸いと、ネズミに「どうかワナを噛み切ってくれないか」と頼みました。
黒焦げになってしまいそうな少年を哀れに思ったネズミは
一生懸命にワナをかじってくれました。
こうやって少年は無事に天から地上へと降りることができたということです。


参考:「太陽と月と星の民話」三弥井書店


posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の神話 209回 月の沙羅樹 [太陽と月の神話]

月の魔女・小泉茉莉花です。

太陽と月にまつわるお話は世界中にたくさんあります。
太陽と月の魔女ブログでは、そんなお話をご紹介していきたいと思います。
今回は、漢に伝わるお話をご紹介します。

昔、大きな河のほとりに二軒のボロ家があり、
周りには数十本の柳がありました。
張天と李地は毎日、柳のほとりで魚をとっていました。
二人は数十年来の隣人で魚とりから帰ったら、月の下で語り合い楽しく暮らしていました。

春の花香る頃、李地が川にいくと、お茶碗ほどの蟹が柳の下をうろうろしていました。
李地は大喜びで捕まえて、甕に放して育てました。

3・4年後には蟹はお盆ほどの大きさになっていました。
8月15日の前の晩、李地は明日は少しばかりの酒と里芋を用意して、
帳天とともにお月見しようと思っていました。

すると、突然、後ろから、「ご主人」と呼ぶ声がしてふりむいてみると
あの大蟹が甕のふちから目を突き出してみていました。
「私を育ててくださって3・4年になります。
何のお礼もしてないので、明日の晩はあなたを月の宮殿につれていきましょう。
遊んで、ちょっと泥棒してきましょう」
「どうやって飛ぶんだ?」と尋ねると、
「私の背中に乗ればいいんです」と蟹がいいました。

次の晩、蟹は李地をのせて月をめざして飛び上がりました。
空はとてもきれいで、いくつもの星の間を経て、
突然、体がふわっとしたら月についていました。
李地は木陰に隠れて広大な宮殿を眺めました。
月の女神がウサギを抱いて、うるんだ目で下界を見下ろしていました。
着飾った仙女が一斉に笙や笛を吹きだしました。
李地は驚いて、「帰ろう」といったのだけど、
蟹はちょっととってきますといって、
沙羅樹の枝を一本抱えて月宮の裏からでてきました。

李地は蟹にとびのって、自分の家に帰ってくると
帳天は酔いつぶれてもう寝ていて、夜もあけようとしていました。
蟹は沙羅樹の枝を鉢にさして左右にふるとたくさんの金銀がおちてきました。

李地は魚とりにでるのをやめてしまい、蟹は甕に戻った。
隣の帳天は誘ってもこない李地を心配していたが、いつもご飯に肉というご馳走なので、
怪しんで、夜、訪ねていきました。
すると李地は小枝をゆすっていて、金銀がおちてきました。
「これは何だ?」「沙羅樹だよ」
「どこで手にいれた?」「蟹にのって月の宮殿から盗んだ」
「蟹は?」「甕の中」
帳天は蟹に飛び乗って、まっすぐ月に行きました。

沙羅樹に昇り、斧で切りつけました。
枝がざわざわして、仙女たちはさけびました。
「泥棒。また沙羅樹を盗みに来たんだね。逃がさないよ」と
腰の帯をほどくと樹のまたに帳天を吊り下げました。

蟹は飛んで帰り、海に逃げ込みました。
明るい満月の晩によくみるとぼんやりと沙羅樹がみえるでしょう?
木のまたにはぶら下げられた帳天もみえるはず。





参考文献 世界の太陽と月と星の民話  三弥井書店
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の神話208  太陽を半分に割る(台湾・アタヤル族) [太陽と月の神話]

こんにちは。太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

太陽と月にまつわるお話は世界中にたくさんあります。
太陽と月の魔女ブログでは、そんなお話をご紹介していきたいと思います。
今日は、台湾の先住民族アタヤル族に伝わる
太陽神話をご紹介しましょう。

遠い昔、太陽は半年間、空に居座り、
残りの半年間は姿を現しませんでした。
つまり1年の半分は昼ばかりが続き、
残りの半年は夜ばかりが続いたのです。

人間たちはあまりの不都合さに、
昼と夜との間隔をもっと短くする方法はないか、話し合いました。
その結果、太陽を半分の大きさにしようということになったのです。

そこで3人の、見るからに強そうな青年が選ばれ、
太陽を半分にする任務を与えられました。
彼らは自分の子供を背負い、道々にミカンを植えながら
太陽が顔を出す場所を目指して、長い長い旅を続けました。

あまりに長い年月だったので、
青年だった3人は髪が真っ白のお爺さんとなり、
息を引き取りました。
そして赤ん坊だった彼らの子供たちは力強い青年になり、
父たちの任務を引き継いで旅を続けました。

ようやく太陽が顔を出す場所に辿り着いた3人の息子たち。
太陽の姿が見えるやいなや、
息子たちのひとりがすかさず矢を放ちました。
矢はみごと的中!
大量の血を流して、太陽は半分に割れたのです。
しかし矢を放った息子は返り血を浴び、死んでしまいました。

こうして彼らと父親たちの努力によって
地上の世界では昼と夜との間隔が短くなり、
暮らしやすくなったということです。


参考:森村宗冬「太陽と月の伝説」新紀元社


posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の神話206 父なる太陽パグ・アベ、怒る(トゥカノ人) [太陽と月の神話]

こんにちは。太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

太陽と月にまつわるお話は世界中にたくさんあります。
太陽と月の魔女ブログでは、そんなお話をご紹介していきたいと思います。
今日は、アマゾン川上流に住むトゥカノの人々の間に伝わる
太陽にまつわるお話をご紹介しましょう。

この世の始まりにいたのは、太陽パグ・アベ。
パグ・アベとは、父なる太陽という意味です。
そしてニャミ・アベもいました。
夜の太陽という意味で、つまりは月のこと。

パグ・アベは結婚していましたが、
ニャミ・アベが独り身。
寂しくてたまらず、太陽の妻を奪ってしまおうと考えました。

その策略を聞いた太陽パグ・アベは怒りに震え、
月から頭飾りを取り上げて
一族から遠く離れて暮らすようにと命じたのです。
以来、太陽と月は一緒に空に現れることはなくなったということです。


参考:アーサー・コッテル「世界神話辞典」柏書房


posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の神話 第205回 月の扉 [太陽と月の神話]

月の魔女・小泉茉莉花です。

太陽と月にまつわるお話は世界中にたくさんあります。
太陽と月の魔女ブログでは、そんなお話をご紹介していきたいと思います。
今回は、北の遼寧省に伝わるお話をご紹介します。

月には一人の娘がいて、天狗と一緒に番をしています。
月には十五の扉があり、毎日ひとつづつあけていきます。
そして、全部開けると、今度はひとつずつ閉めていきます。
ところがヤンという若者がいて時々娘を覗きにやってきます。
すると娘は怒って全部の扉を閉めてしまいます。
これが月食だといわれているのだそうです。


参考文献 世界の太陽と月と星の民話  三弥井書店
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の神話 第204 回 なぜ月は天空にあるのか? [太陽と月の神話]

月の魔女・小泉茉莉花です。

太陽と月にまつわるお話は世界中にたくさんあります。
太陽と月の魔女ブログでは、そんなお話をご紹介していきたいと思います。
今回は、ブルガリアのお話をご紹介します。

むかし、月は空の高みにありませんでした。
大地の近くで、太陽のように強く輝いていました。
大地は焦げて、暑くてたまりませんでした。
一人の女が月に牛のふんを投げつけました。
そのため、月には黒斑ができ、神様は月を空高く引き上げたのだそうです。




参考文献 世界の太陽と月と星の民話  三弥井書店
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の神話204  幼子イエス、太陽を作る(ブルガリア) [太陽と月の神話]

こんにちは。太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

太陽と月にまつわるお話は世界中にたくさんあります。
太陽と月の魔女ブログでは、そんなお話をご紹介していきたいと思います。
今日は、ブルガリアに伝わる太陽にまつわるお話をご紹介しましょう。

この世界のはじめ、大地には人も動物もおらず、
空には太陽も月もありませんでした。
しかしイエス・キリストはこの世に生を受けていました。
まだ幼い子供イエスは、父である神の衣の裾を持って、ついて歩き、
いつも父と一緒でした。

ある日、イエスは父から離れ、大地の粘土をこねはじめました、
そして大きな球を作りました。
こうやって幼子イエスは遊んでいたのです。
「この球を空に投げて遊ぶんだ!」。

神は言いました、
「おまえがどれだけ遠くまでこの球を投げられるか、試してみよう」。
そして神はその球に祝福を与えたのです。
イエスが力いっぱい投げたその球は高く高く天へと上っていき、
天上にとどまって太陽になりました。
そして日の出のときのように鮮やかな光を放ったということです。

さらにイエスは、それより小さな粘土の球を次々と空に放り投げると
神の祝福を受けてそれらは月になり、大きな星になり、
また小さな星たちになったのです。


参考:「太陽と月と星の民話」三弥井書店


posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い
前の10件 | - 太陽と月の神話 ブログトップ