So-net無料ブログ作成

お仕事コンビネーション【太陽・魚座×火星・射手座】-2 [お仕事コンビネーション魚座]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

お仕事コンビネーション第30回目をお送りします。


このコンビネーションでは、太陽と火星がどの星座にあるかを見ていきます。

※太陽星座・火星星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://mysteryart.web.fc2.com/fortune/ftasbody.html


太陽は、目的意識や適職をあらわします。
火星は、情熱がどのように表現されるかを意味します。
太陽星座にそぐわしい火星星座ならば、
仕事を進めていくとき、違和感なくやっていかれるでしょう。
反対に、太陽星座と火星星座がぎくしゃくした関係ならば
仕事もつまずくことがあるかも。

第30回目の今日は、太陽星座が魚座、火星星座が射手座のお仕事コンビネーション。
昨日に続いて、今日は男性バージョンです。

太陽星座が魚座の男性は、こよなく優しい。
そして感受性が強く、ささいなことで心が波立つ。

一方の火星星座である射手座は、
小さなことなんかかまってられない。
目標に向かって一直線に突っ走っていく。

ウェットな太陽=魚座と、ドライな火星=射手座のコンビネーションは
うまくいけば剛柔を兼ね備えて大成するだろうし、
下手したら自分で自分をコントロールできずに
いつも仕事に不満を持つことになってしまう。

じゃ、どうやったらちゃんと自分をコントロールできるのだろう?

仕事の場面では、火星星座を意識するといいと思う。
まっすぐに突き進む力、行動力、知力といった射手座の持ち味を
存分に発揮する。
そして家に戻って家族と過ごす時や、ひとりになったときには
太陽=魚座の顔を取り戻して、
感傷にふけり、音楽などのアートに浸り、自分を取り戻す。
こんな形が仕事人として最もやりやすいのではないかしら。

魚座、射手座ともに直感にすぐれているので
ピン!とひらめいたことを大切にすると道が開けていく可能性が高い。
女性バージョンと同様に社会的出世や金銭的な欲望が乏しく、
いわば野心に欠けるうえ、束縛されるとエネルギーがそがれるタイプ。
だから男性の場合も海外を放浪して
場当たり的に動き回るなんてことも考えられる。

そんなふうだから、一般的な”家庭”を築くのは、ちょっと難しいかも。
ひょっとしたら専業主夫がいちばん向いているのかもしれない。
そうでなくても一家の大黒柱にはなりにくい。
しっかり者の妻と結婚できたら、それに越したことはない!

そうやって自由度の高い人生を送っていく中で
ひらめきに従って何かの作品を作り、それが仕事になっていく
…なんてスタイルが最もふさわしいと思う。
たとえば写真を撮り続けるうちに写真集を出版するとか、
書き溜めたポエムが人の目に触れて詩人になるとかね。
あるいは家事評論家なんかになれるかもしれない。

いずれにしても普通の会社勤めだと自分が圧し潰される可能性がある。
自由度の高い仕事を選ぶのが正解じゃないかしら。


posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い