So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

結婚コンビネーション【太陽・双子座×月・双子座】-1 [結婚コンビネーション(太陽・双子座)]

月の魔女・小泉茉莉花です。
結婚コンビネーション第134回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://mysteryart.web.fc2.com/fortune/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第134回目の今日は
男性の太陽が双子座、女性の月が双子座の結婚コンビネーション。
今回は男性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

太陽星座と月星座が同じなのが最も理想的なコンビネーション。
女性が男性の傘下に入れればうまくいくという
男性リードのコンビネーションとなります。

同じ星座の似た物同士なので、相性もばっちり。
だけど、いいところも悪いところもそっくりなのでけんかになることも実は多い。
自分がされて嫌なことは、相手には絶対しないことが大事。

双子座は二面性の持ち主で、陰にかたむくと
ときどきおちこむことがある。
そのサイクルが同じになりやすいのも難点ですが、
他の星座の配置が違えば、違ってくるので全く同じということもないですが。。。

双子座はおしゃべり大好き。
夫婦で語り合う時間が多そう。
どちらも理屈で考える傾向があるので、
頭で考えて納得してしまうことが多そうですが、
「何か違う」と思うなら、
自分の気持ちを大切に!
ときには、心の中にたまっているものをはきだすことが必要。
ただし、大爆発してしまうと相手が混乱するので注意。
そこは風の星座らしく冷静に。

双子座は一般的に相手を操縦するのが上手といわれていますが、
双子座同士だとそれは通用しません。
ありのままの自分で勝負!







nice!(2)  コメント(0)