So-net無料ブログ作成

太陽と月の神話218  漁師と金髪の女(ジョージア) [太陽と月の神話]

こんにちは。太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

太陽と月にまつわるお話は世界中にたくさんあります。
太陽と月の魔女ブログでは、そんなお話をご紹介していきたいと思います。
今日は、南コーカサスのジョージアに伝わる太陽にまつわるお話をご紹介しましょう。

昔むかしのこと。
ひとりの漁師が森で、太陽のようなものが水の中で光っているものを見ました。
見ているうちに頭がぼ~っとしてきて…、
ふと気づくと、ひとりの女が泣きながら栗のイガで髪を櫛けずっている姿が見えたのです。
金色の髪のその女の頭皮からは、血が流れていました。

気の毒に思った漁師は、彼女に誘われるようにして森の中へと入っていきます。
そして岩穴の中に入りました。
すると女は金色の髪を漁師の首に巻き付け、首を絞めようとしたのです。

そのとき、岩穴の中で寝ていた女の子供が起き上がり、
「僕のナイフはどこ?」と叫びました。
女はハッとして髪の毛を漁師の首からはずしました。

子供は言います、
「僕はあなたの子だよ、お父さん!
お母さんがあなたから逃げて森に来たとき
お母さんのおなかの中に僕がいたんだ。
お父さんが髪の毛を引き抜いたので、
そのいやがらせのために髪の毛で漁師たちの首を絞めるんだ」。

すると女は金色の髪の毛を根元から切り落とし、
「私を妻にして、お前の子供を産ませたいなら
私の髪をとるがいい」と言いました。
漁師が拒否すると、とたんに女の髪は元通りに生え、
その髪の毛でまたも漁師の首を絞めました。
そして髪を巻き付けたまま、漁師を高い岩の上から吊り下げたのです。
今も男はそのまま吊るされているのだとか。

太陽が雲に隠れると、地上からこの漁師の姿が見え、
太陽が現れ、暑くなると、この女の姿が見えると言われています。



参考:「太陽と月と星の民話」三弥井書店


posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。