So-net無料ブログ作成

お仕事コンビネーション【太陽・乙女座×火星・山羊座】-1 [お仕事コンビネーション(太陽・乙女座)]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

お仕事コンビネーション第35回目をお送りします。

このコンビネーションでは、太陽と火星がどの星座にあるかを見ていきます。

※太陽星座・火星星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://mysteryart.web.fc2.com/fortune/ftasbody.html

太陽は、目的意識や適職をあらわします。
火星は、情熱がどのように表現されるかを意味します。
太陽星座にそぐわしい火星星座ならば、
仕事を進めていくとき、違和感なくやっていかれるでしょう。
反対に、太陽星座と火星星座がぎくしゃくした関係ならば
仕事もつまずくことがあるかも。

第35回目の今日は、太陽星座が乙女座、火星星座が山羊座のお仕事コンビネーション。
まずは女性がこのコンビネーションだった場合を見ていきましょう。

太陽星座の乙女座も、火星星座の山羊座も、どちらも地の星座。
堅実で確実で、ものごとを計画的に進めていくタイプ。
同じエレメンツの星座同士なので、
自分の中に矛盾がなく仕事をしていかれるでしょうね。

太陽=乙女座は、几帳面で細かいところまで目が行き渡り、
分析力、批判力に優れている。
その力に注目すれば秘書、会計士、学芸員などの仕事がふさわしい。

一方の火星=山羊座は、野心が強い。
女性であることのマイナス面など考えず、
むしろ女性だからこそのプラス面をいかに有利に活用するかを考え、
大目標を追求していく。
その歩みは、たとえ遅々としていても、一生をかけてやっていくでしょうね。
こちらにフィーチャーすれば、不動産関係、政治家などが向くといわれている。

太陽星座と火星星座の組み合わせを考えれば
何であれ、まずは会社勤め。
そこで力を養って、独立する道を探るのがフィットするんじゃないかしら。

このコンビネーションの女性に足りないのは、フットワークの軽さ。
石橋を叩いて叩いて、それでもまだ叩き足りないほど慎重なので
いざとうときがきても腰が重たい。
せっかくの昇進チャンス・事業拡大チャンスをフイにしてしまいがち。
自分の実力を信じ、いつでもチャンスに応じられる心構えを持つことが
仕事人生を充実させるカギだと思う。

ただし、女性の場合、結婚、出産、育児などの障壁が未だあるのは事実。
乙女座に太陽を持っているので、
どうしてもそれらの荷物を一人で抱え、夫に道を譲りがち。
それは納得済みのことであっても、野心家の火星=山羊座は不満がたまる。
また女性だからと昇進の道が阻まれやすいのも、火星=山羊座にとっては息苦しい。
だから夫といかに役割分担をするかをきちんと決めることは大事だし、
いずれは独立して、自らがトップに立つことを考えることも必要なのではないかしら。

posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。