So-net無料ブログ作成

お仕事コンビネーション【太陽・牡牛座×火星・蠍座】-1 [お仕事コンビネーション(太陽・牡牛座)]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

お仕事コンビネーション第15回目をお送りします。

このコンビネーションでは、太陽と火星がどの星座にあるかを見ていきます。

※太陽星座・火星星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://mysteryart.web.fc2.com/fortune/ftasbody.html

太陽は、目的意識や適職をあらわします。
火星は、情熱がどのように表現されるかを意味します。
太陽星座にそぐわしい火星星座ならば、
仕事を進めていくとき、違和感なくやっていかれるでしょう。
反対に、太陽星座と火星星座がぎくしゃくした関係ならば
仕事もつまずくことがあるかも。

第15回目の今日は、太陽星座が牡牛座、火星星座が蠍座のお仕事コンビネーション。
まずは女性がこのコンビネーションだった場合を見ていきましょう。

太陽が牡牛座の女性は、安定した仕事を求める。
そして着実に堅実に仕事していく。
大きな出世を望んだり、ビッグなことを成し遂げようとは考えない。
言ってみれば安定志向。
公務員や大企業にお勤めするのが向いていると思う。

一方の火星=蠍座は、深い深い情緒を持つ。
一度とらえたものは自分の手の中にしっかりと握り込み、
愛し、慈しみ、二度と手放さない。
仕事の場面でも、外から見たら、それがそれほどちっぽけな案件であっても
自分の仕事となったら大切に大切にし、
誰にも手渡そうとはしないでしょうね。

太陽=牡牛座、火星=蠍座は、どちらも寡黙な星座で、
一見、ソリが合うように思えるけれど、
実は対極にある星座同士。
本人の中にはかなりの葛藤があるのだと思う。

安定して仕事していきたい自分。
でも情熱を注いで働きたい自分。
仕事人としての自分の分裂が起きやすいんじゃないかしら。
とくに女性は結婚、妊娠、出産、子育てと、
現代の社会情勢の中では障壁になることが多く、
その分、悩みは大きくなりそう。

お仕事を確実に続けていきたいのなら
火星=蠍座の部分を生かして、好きな仕事、情熱を注げる職種を選び、
その分野の資格を取るといいのではないかしら。
そうすれば安定して仕事を続けていかれる。
たとえば医学、コンサルタント、占い師などは適職と言われているし、
美術品や骨とう品の鑑定などもふさわしい。
そしてコツコツと、淡々とやっていく。
地味な仕事でも、満足度は高いと思うわ。


posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。