So-net無料ブログ作成

お仕事コンビネーション【太陽・蟹座×火星・牡牛座】-2 [お仕事コンビネーション(太陽・蟹座)]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

お仕事コンビネーション第回14目をお送りします。


このコンビネーションでは、太陽と火星がどの星座にあるかを見ていきます。

※太陽星座・火星星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://mysteryart.web.fc2.com/fortune/ftasbody.html


太陽は、目的意識や適職をあらわします。
火星は、情熱がどのように表現されるかを意味します。
太陽星座にそぐわしい火星星座ならば、
仕事を進めていくとき、違和感なくやっていかれるでしょう。
反対に、太陽星座と火星星座がぎくしゃくした関係ならば
仕事もつまずくことがあるかも。

第14回目の今日は、太陽星座が蟹座、火星星座が牡牛座のお仕事コンビネーション。
昨日に続いて、今日は男性バージョンです。

太陽星座である蟹座は仲間意識がとても強く、
チームで、それも慣れ親しんだメンバーと仕事することを好む。
月の魔女の言うように、上昇志向はあまりなく、
それよりも仲間とツルんで働くことに意義を感じる。

職種としたら、飲食、デパートなどの販売業が向いている。
そう、“大衆”を相手にする仕事ね。
とはいえ、細かい数字を扱ったり、特殊な分野でないかぎり、
大概の仕事には上手になじむことのできる能力を持っている。

火星星座である牡牛座は、安定志向が強く、
仕事を戦いの場とは考えていない。
日々の生活を維持するためのお金を稼ぐ場が、火星=牡牛座にとっての仕事。
火星にスポットを当てれば、味覚や嗅覚などの五感を使う仕事が適職。
料理人、デザイナーなどといった感覚がモノを言う仕事ね。

というわけで、とりわけ飲食系は非常にしっくりくる仕事じゃないかしら。

ただし従業員の入れ替えが多い職場や、
転勤を余儀なくされるような職場、
ましてブラックかも?と思えるようなところは、避けたほうがいい。
安定志向・仲間意識の強いこのコンビネーションにとってストレスフルで、
ストレスがピークに達したら、自分が崩壊してしまう可能性だってある。
そんなときには、いくら安定志向が強くとも、
サッサと次の仕事を探したほうがいい。
本当は老舗企業で定年までコツコツと働いていくといったスタイルがふさわしいのだけれどね。

自分の人生にとっての仕事の位置付けもさることながら、
では仕事人としてどうなりたいのかを考えることは
このコンビネーションの人の大きな課題だと思う。
それを忘れると、ただ毎日職場に通い続けるだけの日々になってしまうから。
ポジションアップを考えるのか、
手がけた仕事の専門家になるのか、
それとも…?と自問自答し、答えを用意しておくことが
よりよいお仕事運を呼び込むことになると思う。


posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。