So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

結婚コンビネーション【太陽・牡牛座×月・牡牛座】-2 [結婚コンビネーション(牡牛座)]

月の魔女・小泉茉莉花です。
結婚コンビネーション第143回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://mysteryart.web.fc2.com/fortune/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第143回目の今日は
男性の太陽が牡牛座、女性の月が牡牛座の結婚コンビネーション。
今回は女性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

太陽の魔女も言っているように同じ星座同士気のあうカップル。
何度も言っているけど、似ているだけに
いいところも同じだけど、悪いところも同じなのが困りもの。

牡牛座同士は何といっても頑固なところ。
対立したらどっちもゆずらない。
口べたで持久力もあるから、何日も口きかない。。。
何年とかになるかもしれない。
そんなつまらない生活してるなら別れればいいのにねと思うけど、
自分の意見が通らないのは絶対に嫌なのだから、相手が折れるまで戦い続ける。

もちろん、意見が対立しないときは、
口べたなりに、相手に自分のことを知ってもらおうとして
一生懸命しゃべる。相手も一生懸命聞く。
落ち込んだときは暖かく包み込んでくれるし、
ときには厳しいアドバイスもくれる。

なので、なるべく、意見を対立させないことが大事。
相手もいいこと言ってるかもしれないから、聞く耳をもつことが大事よね。

金銭感覚はどちらも抜群。
将来のために貯蓄にはげむ。
将来の事ばかり考えて、今を楽しむことを忘れがちなのが難点。
たまには贅沢して命の洗濯をすることが必要。
釣った魚にエサはやらないなんてことにならないように、
記念日にはプレゼントやご馳走を!

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。