So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

太陽と月の神話 第198回 アルタイ地方の月蝕の話 [太陽と月の神話]

月の魔女・小泉茉莉花です。

太陽と月にまつわるお話は世界中にたくさんあります。
太陽と月の魔女ブログでは、そんなお話をご紹介していきたいと思います。
今回は、ロシアのアルタイ地方のお話をご紹介します。

アルタイ地方のトゥヴァには人間を食う魔物マングィスがいて、
月に浮かぶ島に鎖でつながれていました。

マングィスは今も3カ月に一度、鎖を解かれて、月と闘うので暗闇になります。

この日は精進の日とされて、人々は肉を食べず、死なないと言われています。

モンゴルやトゥヴァでは、月蝕になると人々は鉄をたたき、
「月を返せ」と叫ぶのだそうです。

参考文献 世界の太陽と月と星の民話  外国民話研究会 三弥井書店   


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。