So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

結婚コンビネーション【太陽・魚座×月・魚座】-2 [結婚コンビネーション 太陽・魚座]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

結婚コンビネーション第138回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://mysteryart.web.fc2.com/fortune/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第138回目の今日は、
男性の太陽が魚座、女性の月も魚座の結婚コンビネーションです。
第2ラウンドでは、女性側から見た場合の結婚相性を見ていきましょう。

夫の太陽、妻の月ともに同じ星座なので、
互いの思いや考え方を難なく理解できるコンビネーション。
とりわけ魚座は直感的なタイプだから、
言葉にしなくても、相手の心の声をキャッチできると思う。
夫が何をどう感じ、どう考えているか、
あれこれ憶測せずにすむから、とてもラクチン。

また、妻だって自分の心の中にあるものを表現したいときに
必死になって、しっくりくる言葉を探さなくてもいい。
だまって夫の目を見つめれば、いえ、一緒にそこにいるだけで
自分のことをわかってもらえる相手だもの、
自然体でいることができて、苦労なし!

けれど魚座という星座は受け身タイプ。
夫婦そろって受け身で、周囲に流されてしまいやすい。
とくに大事な将来設計について、しっかり話し合う必要があるんじゃないかしら。
夫から話がないからといって、ほったらかしにしていたらいけない。
本来は夫に黙ってついていくほうがいいという妻だけれど、
妻のほうからどんどん話を振ったほうがいい。

子供を持つなら、何人?
どうやって蓄財していく?
住まいは買うの? 借りるの?
親と同居する? それとも別居を続ける?

…そんなことを考え始めると、月=魚座の妻は辛い気持ちになってくるかもしれないね。
それは夫とて同じこと。
だから、できるだけ明るい未来を予想しましょうよ。
そして、それを実現するためにはどうしたらいいか、
じっくりと話し合うといい。

ただし、魚座はいささか怠け者。
のど元過ぎれば熱さも忘れちゃうというタイプなので
馬鹿げてると思うかもしれないけれど
どうしたいのかを紙に書き出して、
壁に貼っておくくらいのことはしておきたいもの。
ふたりの共通の目的・生き方をちゃんと言葉にして認識することで
ますますしっくりくる夫婦になれると思うよ。



posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。