So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

結婚コンビネーション【太陽・蟹座×月・牡牛座】-2 [結婚コンビネーション(太陽・蟹座)]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

結婚コンビネーション第132回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://mysteryart.web.fc2.com/fortune/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第132回目の今日は、
男性の太陽が蟹座、女性の月が牡牛座の結婚コンビネーションです。
第2ラウンドでは、女性側から見た場合の結婚相性を見ていきましょう。

月が天秤座にある女性は、地味めだけれど、しっかり者。
とくに経済面にはきっちりしていて、
貯蓄の才覚にかけては右に出るものがいないほど。
また居心地の良い場所作りのセンスは申し分ない。
そう、家庭を任せるにはまたとない人材というわけね。

そんな月=牡牛座の妻にとって
太陽=蟹座の男性はともに生きていくには違和感のない、とても良い夫。
なにしろ家庭的で、思いやりがあって、マメに立ち働くことをいとわないのだから。

そう、月の魔女も言う通り、かなりよい相性の結婚コンビネーション!
ただし夫が感情的になりさえしなければ、という条件付き。

というのも月=牡牛座の妻は、かなりの締まり屋さんで
無駄遣いを徹底的に嫌う傾向がある。
それは将来に備えてお金を貯めたいし、
本物志向があるために、安っぽいもので散財したくない思いがある。
ところが太陽=蟹座の夫は、気分次第で無駄遣いしたり、
それを止められると、なにっと怒り出したり。

また夫は気分屋で、少しだらしない傾向があって、
中途半端なまま趣味の道具を放り出したり
家事をするにも、適当なところまでやって遊び始めたりと
まるで子供みたい。

月=牡牛座の妻は、散らかっている家の中にいると
心が不安定になってくるので、夫のそんなところに不満を持つ。

不満ならば、どうぞ言葉で伝えてください。
ただし詰問調ではなく、少し甘えた口調で
「ねぇ…、片付けてくれると、すご~くラクチンになるだけどぉ」と。
ちょっとした対応の仕方で、夫を上手に操れるはず。
それができれば平和で穏やかな結婚生活が待ってるよ。


posted by taiyonomajo at nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。