So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

結婚コンビネーション【太陽・蠍座×月・牡羊座】-1 [結婚コンビネーション(太陽・蠍座)]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

結婚コンビネーション第119回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://tiara.cc/~blue/art/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、119回目の今日は
男性の太陽が蠍座、女性の月も牡羊座の結婚コンビネーション。
まずは男性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

太陽が蠍座にある男性にとって
月が牡羊座にある女性は、いささか元気がよすぎる。
サバサバしていすぎる。
そこが魅力だということはよくわかっているんだけれど、
ときどき、こいつは無神経なんじゃないの?とイラっとさせられることがある。

そもそも太陽=蠍座の男性は、きめ細かな感情を持ち、
陰陽で言えば、陰。
深く沈みこんで、じーっと観察し、慎重に動く、といったタイプ。

妻である月=牡羊座は、その反対。
陰陽で言うなら、陽だし、
前へ、表へと出て行って、
刺激を受けたら、すぐに反応を起こす。

元気いっぱいで意気揚々とした妻の姿に
自分にないものを見つけ出して惚れる、というパターンなんだけど、
いかんせん、妻は元気がよすぎる。
能天気すぎる。…そんな気がするのも事実。

台所でもリビングでも、動きが雑で、大きな物音を立てるのは、いつも妻。
自分が元気なときなら気にもならないでしょうけれど、
疲れていたりしたら、なんとかならないかとイライラする。
とはいえ口数が少なうえに、なかなかホンネを見せない太陽=蠍座の夫だから
妻への不満も心の中に溜めてしまう。
それが溜まりに溜まって…、ある日、爆発!なんてことにもなりかねない。

不満があるなら、小出しにしましょう。
「~~されるとイヤなんだよね」じゃなく
「〇〇してくれると嬉しい」と肯定的な表現でね。

と同時に、妻のざっくばらんなところや、陽気なところなど
魅力と思える部分をマネてみるのも、いい。
無理することはないのだけれど、
ちょっとマネすると、夫婦の関係はいいものになっていくんじゃないかしら。


posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。