So-net無料ブログ作成
検索選択
結婚コンビネーション(太陽・射手座) ブログトップ
前の10件 | -

結婚コンビネーション【太陽・射手座×月・水瓶座】-2 [結婚コンビネーション(太陽・射手座)]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

結婚コンビネーション第84回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://tiara.cc/~blue/art/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第84回目の今日は
男性の太陽が射手座、女性の月が、水瓶座の結婚コンビネーション。
第2ラウンドでは、女性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

なんとなく不穏な感じを抱くコンビネーション。
うまくいっているときは、とても楽しくてワクワクのふたりでいられるんだけれど
サーっと潮を引くように気持ちが冷めて
ある日気がついたら、すっかり他人…なんて感じかな。

月が水瓶座にある女性は、まるで友情みたいな愛の持ち主。
夫に対しても同志的なイメージを持っているはず。

一方の太陽が射手座にある男性は、情熱的な愛を持っているのだけれど
愛を自らの手につかむと、それでもう満足しちゃって
相手の女性をマメにケアしない。
もちろん妻に対しても同じこと。

夫に対して友情に似た愛を抱く月=水瓶座の妻としたら
マメにケアされなくてもちっともかまわないんだけど、
自分勝手をされるのが困ったもの。
太陽=射手座の男性は、こうと思ったら後先かまわずすっ飛んでいくから
家庭なんて、ないも同然。
言ってみれば、自分の都合だけで生きている夫よね。
”同志”としたら、それじゃ困るわけで。

とはいえ、うまくいってるときは、それはそれは気持ちのいい夫婦でいられる。
ふたりともが自由でありたいと思っているし、
だからこそ、相手の自由も認めることができるのだもの。
休みの日だって、夫婦が別行動は当たり前。
帰ってきて顔を合わせて、その日の出来事を語り合う、
それが楽しみ。

いつまでもそんな夫婦でいるためには
夫の行動を監視したり規制しないこと。
あくまでも自由にさせてあげましょう。

ただし、勝手ばかりしてもらったら、家庭は成立しないよね。
子育て期は、とくにこちらを向いていてもらわなくては。
要求ははっきり伝えましょう。
「〇〇してほしい」というのもいいけれど
「〇〇しなさい」と命令するくらいでもいいと思う。
強制力を発動させないと、太陽=射手座の夫は動かないから。

とはいえ、あれもこれもと強いると、今度は逃げ出してしまう。
そのへんは頭のいい妻が上手にコントロールするといいでしょうね。



posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 

結婚コンビネーション【太陽・射手座×月・水瓶座】-1 [結婚コンビネーション(太陽・射手座)]

月の魔女・小泉茉莉花です。
結婚コンビネーション第84回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://tiara.cc/~blue/art/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第84回目の今日は
男性の太陽が射手座、女性の月が水瓶座の結婚コンビネーション。
今回は男性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

射手座も水瓶座も束縛されるのが大嫌いな自由人。
人と同じことするのも嫌いなので、
太陽・射手座×月・水瓶座の結婚はふつーとは違うものになりそう。
事実婚だったり、週末婚だったりする可能性もあるわね。

似た者同士であるようにみえて、全然違うのは
月・水瓶座はともに歩んでいくパートナーを求めているんだけど、
太陽・射手座はひとりで勝手にどこかにいってしまう。

月・水瓶座は同性だけでなく、異性の友達も多いから、
太陽・射手座がどっかいっているうちに、他にパートナーをみつけてしまうことだってありそうね。

精神的に自立している月・水瓶座は戻ってくる場所にはならないから、
大事に思うなら、ひとりでではなく、ともに歩んでいくようにすることが必要。

ただでさえ、既成の枠がないのだから、自分たちがそれぞれ勝手なことやっていては
成り立たない。
ひとりで行動したければ、月・水瓶座ときちんと話あうこと。
どこにいくかは報告すること。
これは最低限のルールだわね。

頼られることが苦手な射手座には自立している月・水瓶座は最良のパートナー。
ただし、月・水瓶座はちょっと変わってる。
思いこみの激しい火の星座である射手座は、
「こうしたら、こうでるな」とか予想しているとその通りにはならない。
そこがおもしろいところ。
だからこそ、
気がかわりやすい太陽・射手座も、いつまでも月・水瓶座を追い求めるんじゃないかしら。


nice!(2)  コメント(0) 

結婚コンビネーション【太陽・射手座×月・天秤座】-2 [結婚コンビネーション(太陽・射手座)]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

結婚コンビネーション第74回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://tiara.cc/~blue/art/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第74回目の今日は
男性の太陽が射手座、女性の月が天秤座の結婚コンビネーション。
第2ラウンドでは、女性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

月が天秤座にある女性から見たら、
太陽が射手座にある夫は、いささか自分勝手。
せっかくふたりでゆっくり過ごせるはずの休みの日も
妻をかえりみずに、ひとりでさっさとお出かけしてしまうのだから。
相談ごとをしたくても「キミの好きなようにすればいいよ」と
すげない返事。

それというのも太陽=射手座の男性は、独立心が強く、
いつも自由でいたいから。
妻を愛していても、いつも一緒にいるというのは
彼にとって負担以外のなにものでもない
そして、自分が家庭や妻に束縛されたくないのと同じように、
妻も束縛したくない。
だから、そんなすげない態度をとるというわけ。

もっとも月=天秤座の妻とて、年柄年中、夫とべったりしていたいわけじゃない。
そりゃ、たまには一緒に、夫婦らしいことをしてみたいとは思うでしょうし、
いつもいつも家にひとりで取り残されるのはイヤだけれど、
お友だちづきあいもあるし、遊びたいし、
ショッピングにも行きたいし…と、夫ナシでも楽しいことがいっぱい。

また、夫も妻も、知的なタイプ。
話し出したら、お互いに持っている知識を出し合って
話が盛り上がること、うけあい。

だから本音をさぐれば、利害一致の夫婦といってもいい。
…それにしても夫に対して”自分勝手“という印象はぬぐえない。

といって夫を責めちゃダメ。
「あなたはいつも勝手なことばかりやってるんだから!」と言えば言うほど
ますます好き勝手をやって
しまいには家に戻らなくなっちゃう…なんてことがあるかも。

夫の勝手な行動を許し、
自分も好きなことを、自分のスケジュールでやってしまえばいい。
たまには夫だって「キミと一緒にいたいよ」ということもあるかもしれない。
そんなときは「私は〇〇に行かなきゃいけないの」と自分の都合を押し出してしまいましょ。
太陽=射手座には「逃げるものを追いかける」という習性があるので
そうやって夫に肩透かしを食らわすことが
実は彼の妻への執着心を刺激するというわけ。
つかず離れず、ときに追いかけさせて、
上手に対応をしていくことが
円満夫婦でいるコツといえそうね。




posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 

結婚コンビネーション【太陽・射手座×月・天秤座】-1 [結婚コンビネーション(太陽・射手座)]

月の魔女・小泉茉莉花です。
結婚コンビネーション第74回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://tiara.cc/~blue/art/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第74回目の今日は
男性の太陽が射手座、女性の月が天秤座の結婚コンビネーション。
今回は男性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

太陽・射手座は自由奔放。
自分が好き勝手やっているので、妻も自由にやってok.
束縛することはありません。
月・天秤座は社交的で家にじっとしているタイプじゃないので、
それはありがたい。
でも、家に友達を招いてパーティしているときに、帰ってきても、
ちょっとごあいさつしてすぐに部屋にひっこんでしまう感じ。
妻の友達に交じって、お話することはあまりないので、
夫婦単位でお付き合いしたい月・天秤座にはそれがちょっと不満かも。

月・天秤座はおしゃれでインテリアや食器にもこりたいタイプ。
太陽・射手座は服はきれればいい、ご飯は食べられればいいというタイプが多い。
だから、そこも月・天秤座のなすがまま。
ごちゃごちゃいわれなくて、月・天秤座はありがたい。
でも、一緒にでかけて家具とか食器とか選べないのはつまらない。

太陽・射手座は妻にすべておまかせでいるんだからそれでいいじゃないと
思っているかもしれないけど。。。。
月・天秤座はそれでいいんだけど、ちょっぴりよくないと思っているということをお忘れなく。
たまには妻におつきあいをすることがうまくいくひけつ。

太陽・射手座が月・天秤座をおいかけているうちはこのコンビネーションはうまくいきます。
月・天秤座がつかまっちゃったり、逆においかけたりしたら、太陽・射手座の愛はさめる危険性大。

その点、月・天秤座は逃げるのが上手だからあまり心配はいらないと思うけどね。
nice!(2)  コメント(0) 

結婚コンビネーション【太陽・射手座×月・蠍座】-2 [結婚コンビネーション(太陽・射手座)]

月の魔女・小泉茉莉花です。
結婚コンビネーション第63回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://tiara.cc/~blue/art/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第63回目の今日は
男性の太陽が射手座、女性の月が蠍座の結婚コンビネーション。
今回は女性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

太陽・射手座は自由奔放。
束縛されるのが大嫌いで、自分がやりたいと思ったら相談なしに行動します。
月・蠍座は情が深くて、結婚したら家庭第一。
夫の一挙一動すべてを知っていたいと思います。

なのに、太陽・射手座は自分勝手。
妻に相談などしないし、報告もしない。
どこかにいったら、連絡もしないので、
「夕飯はいるのだろうか」から「交通事故にでもあったのではないか」まで心配の種はつきない。

太陽・射手座を夫にもつ人全般にいえることだけど、
もう好きにさせておくしかない。
おなかがすいたら帰ってくる。

月・蠍座はそのときに温かいご飯を食べさせたいと思うんだろうけど、
それはとても大変だから、放っておけばいい。
自分で作って食べればいいぐらいに思っておいたほうがいい。

亭主元気で留守がいいとかいいうから、
いない時間に自分も好きなことをすればいい。

妻が好きなことして、自分が留守番することになっても、太陽・射手座は文句はいわない。
お互いに好きなことして、自分の世界をもっていたほうが
太陽・射手座にとっては楽しいんだから。
家族のことだけ考えて自分を犠牲にするようなことは重荷に思ってしまうんだから。

ただし、夫に注ぐ愛のいきどころがなくて、子供に注ぎがちなところがあるけど、
それはやめたほうがいい。
愛は自分に注ぐのが一番。
たまには頑張って太陽・射手座の世界をのぞいてみるのもいい。
二人で一緒に同じ趣味をもてれば、一緒にいる時間もふえて最高と思うけど、
それはまた太陽・射手座にはめんどくさい。
太陽・射手座の世界をのぞいたら、自分は自分でその世界をきわめるのがいいと思うわ。
月・蠍座の世界は奥深い。
太陽・射手座にはかなわない。
太陽・射手座が月・蠍座を認める、それが一番のうまくいくひけつかも。



nice!(1)  コメント(0) 

結婚コンビネーション【太陽・射手座×月・蠍座】-1 [結婚コンビネーション(太陽・射手座)]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

結婚コンビネーション第63回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://tiara.cc/~blue/art/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、63回目の今日は
男性の太陽が射手座、女性の月が蠍座の結婚コンビネーション。
まずは男性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

太陽が射手座にある男性は、いたってフリーダム。
常識や体面など全く気にならず、自分のやりたいようにやっていきます。
もちろん大人ですもの、それなりには周囲に気を配るでしょうけれど、
根っこのことろは自由奔放。
少なくとも家庭では何ものにも縛られずにいたいと考える。

ところが月が蠍座にある女性は、深い愛情、厚い情の持ち主。
愛する夫のそばにいて、夫の体温を感じていたい、というタイプ。
だから夫には家を離れてふらふらしてほしくない。
いつも妻である自分のそばにいて、
自分の一挙手一投足を見つめていてほしい。

けれど太陽=射手座の夫は、そんな妻を息苦しく感じてしまう。
そして休みの日になると、待ってました!とばかりにイキイキとして
ひとりで外に出かける。
だって、自由になりたいのだから。
そんな夫を見て
月=蠍座の妻は「私の愛は何だったの?」と疑問を持つことに…。

太陽=射手座の夫の欲求は、外へ外へと向かいます。
そして束縛をとても嫌う。
それに反して月=蠍座の妻は、内へ内へと気持ちが向かい、
できることなら愛で伴侶を独占してしまいたいと思う。
だから妻は夫のフリーダムな行動に文句を言う。
でも太陽=射手座の夫は、聞く耳を持たず、
われ関せずとばかり、ますますやりたい放題になってしまう…。
すると妻は怒ります。
怒りをギリギリまで溜め込みます。
そしてある日、大爆発させる。
そうなったら全てが壊れ、家庭崩壊だってないわけじゃない。

主張を譲るのは大事です。
休みの日は、せめて2回に1回、いえ3回に1回でいいから
自分のやりたいことは諦めて、妻のそばにいてあげて。
あるいは、やりたいことがあるなら、行きたい所があるなら、
ぜひ妻と一緒に行動しましょう。
“ふたりで一緒に”を実現させれば、夫婦仲は俄然よくなること間違いなし!


posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 

結婚コンビネーション【太陽・射手座×月・牡牛座】-2 [結婚コンビネーション(太陽・射手座)]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

結婚コンビネーション第62回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://tiara.cc/~blue/art/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第62回目の今日は
男性の太陽が射手座、女性の月が牡牛座の結婚コンビネーション。
第2ラウンドでは、女性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

月が牡牛座にある女性は、おっとりしているように見えて
実はとてもしっかり者。
とくに金銭面には堅実で節約家で、貯蓄に励む締り屋と言ってもいい。

ところが太陽が射手座にある男性は、お金のことなんか
これっぽちも考えようとしない。
趣味であれ、遊びであれ、やりたい!と思ったら
どれだけ金銭的負担があるかなんて考えもせず、
飛びついてしまう。
その行動力、瞬発力には敬意を表するけれど、
月=牡牛座の妻には危なっかしく見えてしまう。
将来のために貯金をしなくちゃならないし、
それどころか日々の生活費はどうするの?…と思う。

月=牡牛座は、月の魔女の言うように、頑固。
そして怒りを溜めるタイプ。
ちょっとくらいなら、自分がやりくりして対応しようと思っても
度重なれば、もう我慢ができない。
…当然だよね。

でもね、太陽=射手座のいいところは
難しいことを考えずに行動するところ。
その自由奔放さで、思いがけない宝をつかんでくる。
だから彼のよさを認めることは大事。
そのうえで”自由に使っていいお金“を与えることで対処してはどう?

彼の自由な発想は、とかく堅実で常識的になりやすい月=牡牛座にとって
とてもいい刺激になる。
だから手放すようなことはしないほうがいいと思うよ。




posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 

結婚コンビネーション【太陽・射手座×月・牡牛座】-1 [結婚コンビネーション(太陽・射手座)]

月の魔女・小泉茉莉花です。
結婚コンビネーション第62回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://tiara.cc/~blue/art/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第62回目の今日は
男性の太陽が射手座、女性の月が牡牛座の結婚コンビネーション。
今回は男性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

太陽・射手座はスピーディ。
対する月・牡牛座はスローペース。
太陽・射手座に協調性はないので、もたもたしていると月・牡牛座はおいていかれる。
月・牡牛座がスピードアップするしかないのだけど、
これが、また、月・牡牛座がめちゃ頑固。
「おいていくなら置いていけ!」という感じなので、
ペースがあわない。

でも、太陽・射手座も疲れるし、たまーーにはおちこむ。
そんなときは、月・牡牛座の胸に抱かれると癒される。

つまり、月・牡牛座はドーンとかまえていればいい。
太陽・射手座は必ず帰ってくるから。。。。

といっても、そんなに鷹揚ではいられない。
月・牡牛座はいいたいことははっきりいうし、目的意識もきっちりしている。

太陽・射手座は逃げも隠れもせずにそんな月・牡牛座によりそってあげる必要がある。
月・牡牛座の世界は美しい。
美的センス抜群で、ゆっくり時間をかけて構築していく。
太陽・射手座にはまず不可能。
そんな世界にふれることは、太陽・射手座にはとても有効。

太陽・射手座にとっては、少しペースをおとして月・牡牛座にあわせることもとても大事。
今までみえなかったものがみえてくるはず。

教科書的な相性も、実際の相性もすごくいいとはいえないけど、
お互いが、相手に少しずつあわせていけば、とてもいいカップルになれると思うわ。

nice!(2)  コメント(0) 

結婚コンビネーション【太陽・射手座×月・双子座】-2 [結婚コンビネーション(太陽・射手座)]

月の魔女・小泉茉莉花です。
結婚コンビネーション第43回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/my-art/fortune/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第43回目の今日は
男性の太陽が射手座、女性の月が双子座の結婚コンビネーション。
今日は女性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

太陽・射手座と月が双子座は好奇心旺盛で活動的なので
二人であちこち飛び回って楽しい時間がすごせます。
どちらも、興味が長続きしないのですが、その分、
いろんなことができて、そこも気があう。

でも、あきっぽいのは愛も同じ。
愛がさめるのも早そうなのが困ったところ。

ただし、両方とも、相手のことだけを一途に思っていたりはしない。
自分の世界をしっかり持っていて、異性の友達もいっぱい。
相手の異性とのおつきあいにも干渉しない。

だから、愛が薄くなるということも言えるんだけど、
二人でいるときは、お互いのはまってることなど聞いてると刺激になって楽しい。

実は、射手座と双子座は正反対で相性抜群。
企画力抜群の月が双子座の提案で行動力抜群の太陽・射手座がリードしていけば、
結構難しいことでも実現してしまう最強コンビ。

明るくみえても、繊細な月が双子座だけど、
「だいじょうぶだよ」と太陽・射手座に励まされるとそんな気になる。
実際、基本、火の星座・太陽・射手座はやるときゃやるので頼もしい。

月が双子座が太陽・射手座を既成の枠にはめようとしなければとてもうまくいくと思うわ。



nice!(1)  コメント(0) 

結婚コンビネーション【太陽・射手座×月・双子座】-1 [結婚コンビネーション(太陽・射手座)]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

結婚コンビネーション第43回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/my-art/fortune/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第43回目の今日は
男性の太陽が魚座、女性の月が蠍座の結婚コンビネーション。
まずは男性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

ホロスコープ上で、射手座と双子座は真向かいの星座。
こういう組み合わせは、通常、自分にないものを相手の中に見つけ出し、
そこに反発するか、それとも強く惹かれあうかのどちらか。
男女の関係では、惹かれ合うことが多いはずです。

もちろん、太陽=射手座、月=双子座の場合も同様で、
太陽=射手座の男性は、月=双子座の女性の博識なところ、
おしゃべり上手なところ、
さらには時折チラッと見せる神経質そうな一面に深い興味をそそられるはず。
一方、月=双子座の女性は、太陽=射手座の男性の行動力や強い探究心などに
自分にない優れた資質を見い出して、魅力を感じる。

ところが、射手座も双子座も、どちらも知性をつかさどる星座であるため、
案外、似ているところも多いもの。
本が好きだったり、知識欲が旺盛だったり、ね。

そのうえ、からりとした感受性もまた、よく似てる。
もっとも、それがこのコンビネーションのネックとなってしまいそうなのが
困ったところ。

夫の頭の中には「家族」という言葉が存在しない。
興味に引きずられて、休みの日は単独行動。
早朝から出かけて深夜まで帰ってこない。
それどころか、どこに行ったかすらもわからない場合だってありそう。

恩義のある人の冠婚葬祭にだって、都合が悪けりゃ顔を出さない。
自由気ままというか自分勝手というのか…。

そんな太陽=射手座の夫を、月=双子座の妻は許してしまう。
だって、自分だってそうしたいんだもの。
夫がいたって男友達と仲よく遊びたいし、
好きなときに好きなことをやってみたい!

というわけで、夫婦でありながら、バラバラに行動することが多くなりがち。
それで互いにいいのなら、文句はないんだけれど、
実は月=双子座の妻は、案外、神経が細くて
自分のやりたいようにやるってことができないタチ。
世間の目を意識することも往々にしてあるしね。
そこで夫に「もうちょっと家族らしくしてよ!」と舌戦を挑むことになる。
面倒臭がり屋の太陽=射手座は、
口達者な月=双子座に敗戦に次ぐ敗戦になるんじゃないかしら。

そうなる前に、ぜひ「家族」「家庭」を意識してほしい。
たとえば月に1回でいいから、家族みんなで外食するとか、
夏休みは必ず全員で帰省したり旅行する…というようにね。
最初から夫が頑張れば、もめることの少ないコンビネーションだと思うよ。



posted by taiyonomajo at nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 結婚コンビネーション(太陽・射手座) ブログトップ
メッセージを送る