So-net無料ブログ作成
検索選択
結婚コンビネーション(太陽・双子座) ブログトップ
前の10件 | -

結婚コンビネーション【太陽・双子座×月・射手座】-2 [結婚コンビネーション(太陽・双子座)]

月の魔女・小泉茉莉花です。
結婚コンビネーション第83回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://tiara.cc/~blue/art/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第83回目の今日は
男性の太陽が双子座、女性の月が射手座の結婚コンビネーション。
今回は女性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

情報通の太陽・双子座が「これおもしろそうだと思わない」と言うと、
月・射手座が「じゃあ、今から行こう!」となる。
理論派の双子座と行動派の射手座の相性のいいコンビネーション。

両方ともあきっぽいので長続きはしないところもちょうどいい。
次から次へと新しい体験ができて楽しい毎日だと思うわ。

で、家の中ではどうかというと、太陽・双子座はどちらかといえば、家の中より外をむいている。
月・射手座は完全に外をむいている。
なので、どちらも家を空けることが多い。
それに対して、どちらかが文句いうことはない。
太陽・双子座は、異性の友達だってたくさんいた方がいいと思うくらいだ。
でも、月・射手座は単独行動が多くて、異性の友達をふやそうという気持ちはあまりない。
太陽・双子座の星の数ほどの異性の友達のことも気にならない。

月・射手座はおいかけるより、おいかけていたいので、
太陽・双子座のクールで他の異性にも目をむけるところはいい刺激剤。
おいかけておいかけて、いつまでもおいつけないので、
ずっと好きでいられそうだ。

太陽・双子座はおいかけられるのは嫌いじゃない。
自分がおちこんだときは明るく陽気な月・射手座といることが救いになる。

家の中が散らかってたって、ほこりがたまっていたって気にしない!

いやいや、健康のためには気にしたほうがいいと思う。
月・射手座はとことん汚れたらまとめて掃除するタイプだけど、
そこはまめにやった方がいいと思う。
細かいところにまで気がつく双子座と一緒にやれば四角いところを丸くはいたところも
隅々まできれいになるんじゃないかしら。

太陽・双子座が「この洗剤がいいみたい」「この掃除法がきれいになるって」と言って、
月・射手座が「やってみよう!」となる。
掃除も料理も洗濯も双子座と射手座のお楽しみにしていけばいいのではないかしらね。




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

結婚コンビネーション【太陽・双子座×月・射手座】-1 [結婚コンビネーション(太陽・双子座)]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

結婚コンビネーション第83回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://tiara.cc/~blue/art/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、83回目の今日は
男性の太陽が双子座、女性の月が射手座の結婚コンビネーション。
まずは男性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

双子座と射手座は、ホロスコープ上で言うなら、真正面から向かい合った星座同士。
通常、こういう関係は相性が良くないといわれているけれど
男女の場合は、別。
相手の中に、自分にないものを見つけて、強く惹かれあう、というのが法則。

もちろん双子座と射手座の場合も同じで、相手に大きな魅力を感じるはず。
太陽=双子座の男性にとって
月が射手座にある女性は、陽気で奔放。
彼女の枠にとらわれないフリーダムな発想&行動に心をつかまれてしまう。
妻となっても、主婦らしくしようなどとは思わず、
好きなときに好き勝手に動き回る。
自由な女性だなぁと感嘆したりもする夫。

妻だって、太陽=双子座の持つ知性や、ふと見せる繊細な表情に
とても強く惹かれている。

ところが、このコンビネーションには、とんでもない落とし穴がある!
どちらも執着心が乏しいために
夫婦でいることに重きを置いていないのね。
月=射手座の妻を見ていて、太陽=双子座の夫はときどき思う、
「夫婦でいる意味なんて、あるのか?」と。
だって妻は、夫婦単位でお出かけするより、ひとりで勝手に行動するほうがずっと多いし、
あれこれ話しかけると、面倒くさそうにすることもしばしばなのだから。

まぁ、太陽=双子座だって、家族ごっこはごめんだから
それはそれでいいんだけれど…、なんて思ってしまうもんだから
互いが自分の好きなように生きていき、
戸籍上は夫婦だけど、現実は同居人、といった関係になってしまいがち。

夫婦のありようは、人それぞれだから、こうあるべきとは言えないけれど、
月=射手座の妻を放っておくと、新しい世界を求めて、
夫を捨てて飛び去って行く可能性は大。
いいえ、夫に不満があるからじゃない。
新世界の魅力にあらがえないから、夫を捨てていく。

太陽=双子座の夫は、それもアリだな、と思ってしまうでしょうね。
でも本音はどこにあるの?
それは理性がそう思わせるのであって
本当のところは、妻に去られるのはイヤなはず…、だよね

そうなる前に手を打たなくては。
妻と向き合ってサシで話す回数を増やしましょう。
難しい話をする必要はない、他愛のないおしゃべりでいい。
趣味を楽しむのでもいい。
話すのではなく、行動をともにするだけでもいい。
妻に「一緒にいると楽しい相手」と思わせることが
妻を引き留め、結婚生活を続ける大事な要件になるんじゃないかしら。



posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

結婚コンビネーション【太陽・双子座×月・天秤座】-2 [結婚コンビネーション(太陽・双子座)]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

結婚コンビネーション第70回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://tiara.cc/~blue/art/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第70回目の今日は
男性の太陽が双子座、女性の月も天秤座の結婚コンビネーション。
第2ラウンドでは、女性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

双子座も天秤座も、同じ風のエレメンツに属する星座。
だから夫からしても、妻からしても、とても居心地がいいカップル。
黙っていても互いの考えていること感じていることわかるでしょうし、
話し合いだってスムーズ。
とりわけ風の星座は柔軟で、かつ理知的なので
相手の話をすんなりと理解できるはず。

おしゃべり好きな太陽=双子座の夫が、深夜までしゃべり倒しても
月=天秤座の妻はまったく気にならないどころか
一緒に楽しくおしゃべりを広げていく。
夫である太陽=双子座の男性は、雑学博士でジョーク好き。
その話題は多岐にわたり、面白おかしく語られる。
月=天秤座の妻は、ウケ上手で、知性派だから、
「うんうん、それで」と夫の話を促し、広げていく。

こんなに楽しくて話の合う男性は、そうはいないでしょうし、
自分自身でもそれを自覚しているから、ますますよき夫だと思えるはず。

ただね、夫には確固とした将来設計がないし、金銭感覚もいささか甘い。
そして「一緒に考えようよ」というスタンス。
受け身タイプの月=天秤座の妻にとっては、
ちょっと頼りない気がしないでもない。
なにしろグイグイとリードしてもらうほうがラクチンだものね。

でも、意思の疎通ができる夫だから
自分の希望や願いをちゃんと伝えたほうがいい。
そのためには妻自身が、人まかせではない”自分の人生“をしっかり考えるようにしないとね。
そのうえで、ふたりで話し合って家庭運営をする。
おしゃれで、楽しくて、しっかりした夫婦になれると思うよ。



posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

結婚コンビネーション【太陽・双子座×月・天秤座】-1 [結婚コンビネーション(太陽・双子座)]

月の魔女・小泉茉莉花です。
結婚コンビネーション第70回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://tiara.cc/~blue/art/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第70回目の今日は
男性の太陽が双子座、女性の月が天秤座の結婚コンビネーション。
今回は男性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

双子座も天秤座も同じ風の星座。
どちらも、知的で頭の回転が早く、おしゃべり上手。
太陽・双子座は好奇心旺盛で、いろんなことをやってみる。
月・天秤座はセンスがよくておしゃれ。
一緒にいてこれほど楽しい相手はいないでしょう。

でも、結婚となると楽しいことばかりではありません。
どちらも、企画力は抜群ですが、実行力がいまいちなので、
「これやりたいねぇ」「今度あれやろうね」でそこから話が進まない可能性大。
月・天秤座は優柔不断でちっとも決められないのだけど、
太陽・双子座も似たようなもので、決断力があるともいえず、
何でもずるずる先送りになりがち。
何か決めなくてはいけない問題があっても、そのことをきりだすと雰囲気が悪くなるので、
楽しくすごすためには目をつむってしまうので、
大事なことほど全然きまらないということに。。。

どちらも、人脈が広いので、誰かに相談して・・・ということも多そうですが、
相談しすぎるとわけがわからなくなるので、慎重に!

月・天秤座よりは太陽・双子座のほうがまだ決断力がありそうですから、
夫がびしっときめることが必要。
たとえ、それが間違っていたとしても、月・天秤座はそれをおもしろがることができるから大丈夫。
いい経験となって、次に生かすことができるでしょう。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

結婚コンビネーション【太陽・双子座×月・魚座】-2 [結婚コンビネーション(太陽・双子座)]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

結婚コンビネーション第66回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://tiara.cc/~blue/art/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第66回目の今日は
男性の太陽が双子座、女性の月が魚座の結婚コンビネーション。
第2ラウンドでは、女性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

月が魚座にある女性は、こよなくやさしく、
どんなものでも、どんな人でも受け入れる。
包容力というのとはちょっと違うけれど、なんでも許せてしまうから。
それほどにやさしい、ということなのね。

太陽が双子座にある男性もまた、なんでも許せる派。
でも月=双子座の妻とは違って、それもまたアリ、と考える知性・理性を持っているから。
そして旺盛な好奇心が、いろんな立場や状況を理解しようとするから。

だから月=魚座の妻は、夫の理解力や好奇心に任せてしまえば
この夫婦はうまくいくはず。

ところが双子座と魚座は、本質的には相いれない存在。
というのも太陽が双子座にあるのは、理性で物ごとを判断するタイプで、
それに対して月が魚座にあるのは、万事、感覚・感性で物ごとを受け止める。
その違いが家庭生活を送るうえで支障になることも、ままありそうなのが気がかり。

たとえば食事。
太陽=双子座の夫は、肉料理を食べたい。
ならば必ず肉と同量の野菜を摂らなくては、と考える。
理性がそうさせる。
けれど、月=魚座の妻は、そんなにお肉を食べたいなら
今日は肉尽くし!とばかりにテーブルの上に肉ばかり並べる。
雰囲気にのまれてしまうのね。
ふたりとも流れに任せるタイプだから、それで衝突することもないし、
柔軟だから、相手に合わせちゃうけれど、
その、ささやかな違いが、少しずつ溜まっていくと不満の塊になりかねない。

夫に合わせましょう。
夫から学びましょう。
もともと受け身で感覚派の月=魚座だもの、
相手のペースに乗るのは大得意のはず。
どんな些細なことも夫の考えを聞くようにするといい。
と同時に、夫ならどう考えるか、どう行動するかを推し量ることも
夫婦円満のコツ。
生来、人の思いをおもんぱかれる月=魚座なら
たいした努力なしにできるはず。




posted by taiyonomajo at nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

結婚コンビネーション【太陽・双子座×月・魚座】-1 [結婚コンビネーション(太陽・双子座)]

月の魔女・小泉茉莉花です。
結婚コンビネーション第66回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://tiara.cc/~blue/art/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第66回目の今日は
男性の太陽が天秤座、女性の月が双子座の結婚コンビネーション。
今回は男性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

太陽・双子座と月・魚座のコンビネーションの場合、どちらが主導権をとるかといえば、
たぶん、太陽・双子座。
「あれしよう」「これしよう」というのだけど、
双子座も魚座も行動力がいまひとつなので、そこからちっとも進まない。
それでも月・魚座は計画をたてるだけでも楽しい。
いつかきっと実現してくれると信じて待っている。
太陽・双子座はそんなことはすっかり忘れてしまうんだけどね。

月・魚座は人任せ。
リードされてついていきたい。相手の色に染まりたいタイプ。
太陽・双子座はライト感覚な愛がお好みなので、
自分の色にそまって、あなたについていきますなんていわれるのは重い。

ただし、太陽・双子座は好奇心旺盛なので、興味のあることはどんどんやる。
月・魚座がそれについていければ楽しいかもしれない。
でも、太陽・双子座はすぐにあきてしまうから、月・魚座だけがそれをひとりで
ずっとやってるなんてことになるかもしれないけどね。

太陽・双子座は理性の人、月・魚座は感性の人。
ふたりたして二で割るとちょうどいい。
太陽・双子座はリードしなくてもいいけど、一緒に進んでいく感じにはしたいところ。
おしゃべり上手で聞き上手なんだから、月・魚座の本音をききだして、
それをくみとってあげることは必要。

二面性をもつ太陽・双子座が陰に傾いたときには月・魚座が癒してくれる。
理性と感性、相手を尊重しあえればとてもいい関係が築けると思うわ。



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

結婚コンビネーション【太陽・双子座×月・牡牛座】-2 [結婚コンビネーション(太陽・双子座)]

月の魔女・小泉茉莉花です。
結婚コンビネーション第45回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/my-art/fortune/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第45回目の今日は
男性の太陽が双子座、女性の月が牡牛座の結婚コンビネーション。
今回は女性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

太陽・双子座がまさに風の星座というその名のごとくふわふわ飛んでいるとすれば、
月・牡牛座はまさに地の星座というその名のごとく、どっしりと動かない。

一緒に何かしようとするとけんかになるけど、
月が牡牛座が家にどっしりといて、太陽・双子座が外で飛び回っていれば問題がない。
問題があるとすれば、太陽・双子座がもてるってこと。
すごーいやきもちやきってわけではないけど、どっしりかまえてる月が牡牛座だって
外で太陽・双子座が他の女性と遊んでるときけば心おだやかではない。

ただし、太陽・双子座はすごくディープなおつきあいは苦手。
ましてや、愛の泥沼なんてもってのほか。
心をちょいと移した相手と泥沼になるということはもちろん、
月が牡牛座と泥沼になるのもごめんだよね。
だから、そんなに心配することもないと思うんだけど。

ちなみに太陽・双子座と月が牡牛座の泥沼って激しい言い争いではないよね。
双子座が一方的にしゃべって、月が牡牛座がだまーってる。
このだまられる感じは太陽・双子座には逆にこわいかもしれない。
何日も何週間もだまーってる。
だまって淡々と家事をいつものごとくこなしてる。
たえられず太陽・双子座は逃げ出すと思うわ。
だから、ちゃんと話し合いはしましょう。
大事なことはちゃんと言いましょう。

太陽・双子座は好きにさせておけばいい。
一緒に行動して、マイペースなあなたのペースをかき乱されるよりはましだから。

太陽・双子座は明るくみえて、案外ナイーブ。
太陽・双子座が、心が弱ったときは話をきいてあげればいい。
月が牡牛座の暖かさを求めて帰ってくるから。
外で楽しくやってるときは元気だってことだから。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

結婚コンビネーション【太陽・双子座×月・牡牛座】-1 [結婚コンビネーション(太陽・双子座)]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

結婚コンビネーション第45回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/my-art/fortune/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第45回目の今日は
男性の太陽が双子座、女性の月が牡牛座の結婚コンビネーション。
まずは男性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

双子座と外へ外へと関心が向かう星座。
とくに太陽が双子座にある男性は、そもそもの行動傾向として、
興味のあることにフットワークよく歩みを進める。
しかも好奇心が旺盛だからいろんなことに目が向いて、
関心事はいっぱい。
友達も多くて、次々と誘いの声がかかる。
だから家にちんまりと納まることも少なく、
休みの日だって何かかにかで出歩くことが多い。

ところが月が牡牛座にある妻は、
家をしっかり守るのが夫婦の役目と考え、
心から寛げる“安心できる場”として家庭を確立しようとする。
ほっとできる場がないと、月=牡牛座の妻の気持ちはどんよりとしてくる。
どうしても安らぎの場としての家庭が必要なの。

片や、外へと関心が向かう夫、
もう片や、家へ家へと思いが向く妻。
互いの興味や気持ちが正反対の方向へと向かっているわけで
あまりうまくいくとは思えないコンビネーション…。

と言えども上手にやる方法は、ある。
まずは家に腰を落ち着ける時間を増やすこと。
休みの日はなるべく家で過ごし、妻と一緒の時間を確保しよう。
また、友達と遊びたいなら、何回かに1回は家に招いてみるといい。

月=牡牛座の妻は、おとなしいようでいて、案外ガンコなところがある。
言い出したら聞かないし、意外と家庭内女王様。
妻の言うことを聞いてあげる度量の広さを持つことも大事。

さらには、お出かけするときは妻も誘い、一緒に行動。

いずれにしても妻のために、そして家庭安泰のために、
自分のやりたいことを少し削って、
あるいは妻を巻きこんでしまえば
それなりにやっていかれるんじゃないかしら。



posted by taiyonomajo at nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

結婚コンビネーション【太陽・双子座×月・牡羊座】-1 [結婚コンビネーション(太陽・双子座)]

月の魔女・小泉茉莉花です。
結婚コンビネーション第44回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/my-art/fortune/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第44回目の今日は
男性の太陽が双子座、女性の月が牡羊座の結婚コンビネーション。
今回は男性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

太陽・双子座が考える人だとしたら、月が牡羊座は行動する人。
太陽・双子座がおもしろい企画を考えて、月が牡羊座がそれを実現する。
抜群のコンビネーション。

で、どちらも持久力がないからすぐにあきる。
そして、また新しい企画をたてて、二人で楽しむ。
これまた抜群のコンビネーション。

実になるものはあんまりないかもしれないけど、とにかく二人でいると楽しい。

将来のことを考えなければ、これほど気があうカップルはないかも。

そう、二人とも、先のことはあまり考えないので、未来への蓄えがない。
でも、どちらもそのことをたいして思い詰めもしないし、
太陽・双子座と月・牡羊座のコンビネーションだもの、困ることもないかもしれない。

月・牡羊座はカカア殿下といわれているけれど、そうみえて、
実は太陽・双子座が手のひらの上で転がしてる。

月・牡羊座がかーっとなっても、太陽・双子座は「はい。はい。」と受け流す。

今が楽しければいい。
ちょっと神経質な太陽・双子座がそう本気で思えればとてもいいコンビネーションだと思うわ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

結婚コンビネーション【太陽・双子座×月・獅子座】-2 [結婚コンビネーション(太陽・双子座)]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。
結婚コンビネーション30回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/my-art/fortune/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第30回目の今日は
男性の太陽が双子座、女性の月が獅子座の結婚コンビネーション。
第2ラウンドの今日は、女性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

第1ラウンドで月の魔女が述べた通り、
妻である月=獅子座が、太陽=双子座の夫をリードするように見せかけながら
実は夫が妻を操縦するというのが
最もふさわしいスタイルだと思う。

太陽が双子座にある男性は博覧強記とでもいうのか、
何でもよく知ってて、理論を構築するのも上手。
知恵がある夫が司令塔になり、
行動力のある妻が動き回る、という形を作れれば申し分ない。
幸いにして、夫は口達者。
きっと妻の働きをほめてくれるし、「キミ、ほんとにすごいねぇ」と感嘆すらしてくれるはず。

けれど、夫は頭がよく働いて、理性的で合理的な目を持ってはいても、
行動しない。
持てる知識を深めようともしない。
また自分のポジションを高めようとか
人からほめられたいとかという発想を持たないからか、
“頑張る”ということをしない。
ステイタスを求めるタイプの妻=月が獅子座にある女性には
そこが不満。
だって出世のチャンスをじゃんじゃん逃しちゃうんだもの。
時々でいいから、夫をほめ、おだて、踏ん張らせるように仕向けてみましょうよ。

とはいえ、この夫のいいのは、いつまでも若々しいところ。
たとえ白髪が目立つ年齢になっても、
ちっとも老けこまない。
いつまでも少年みたい、というのとはちょっと違うんだけど、
若々しいフレッシュな感受性を持ち続けるタイプ。
なにしろ好奇心が強くて、いつも目新しいことを追いかけてるからね。
「素敵な夫なの♪」と自慢したい月=獅子座の妻にとっては
申し分ない相手と言えるんじゃないかしら。


posted by taiyonomajo at nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:占い
前の10件 | - 結婚コンビネーション(太陽・双子座) ブログトップ
メッセージを送る