So-net無料ブログ作成
結婚コンビネーション(牡牛座) ブログトップ
前の10件 | -

結婚コンビネーション(太陽・牡牛座×月・双子座)-2 [結婚コンビネーション(牡牛座)]

月の魔女・小泉茉莉花です。
結婚コンビネーション第109回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://mysteryart.web.fc2.com/fortune/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第109回目の今日は
男性の太陽が牡牛座、女性の月が双子座の結婚コンビネーション。
今回は女性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

太陽・牡牛座はマイペース。
自分がこうと思ったらテコでも動かない。
月・双子座は柔軟性抜群。
これおもしろいよといわれれば、やってみる。
まさに正反対。

太陽・牡牛座のはまってることはもちろん、月・双子座はやってみる。
ただし、長続きはしないので、
太陽・牡牛座は、「もうやめちゃうの?」と思う。
月・双子座は太陽・牡牛座ともっといろんなことしたいのに、
同じことばかりずっとやってるからつまらない。

でも、正反対っていうのは案外うまくやっていけるんじゃないかしら?
いくら頑固な太陽・牡牛座だって、月・双子座がおもしろそうなことやってたら、
さすがに自分もやってみようと思うだろうし、
月・双子座も、太陽・牡牛座がずっと同じことやっていたら、
休み休みでも、続けていくだろうし。。。

月・双子座にとっては、どっしりかまえている太陽・牡牛座は頼もしい。
太陽・牡牛座にとっては、時代の先端を走ってく月・双子座は刺激的。

月・双子座が一方的にしゃべってるんだろうけど、
太陽・牡牛座は聞き上手。

月・双子座は友達がとても多い、家にも気軽に遊びにくるけど、
太陽・牡牛座はその友達を嫌がったりしない。

一緒にいてとても楽チンなコンビネーションだと思うわ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

結婚コンビネーション【太陽・牡牛座×月・双子座】-1 [結婚コンビネーション(牡牛座)]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

結婚コンビネーション第109回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://tiara.cc/~blue/art/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、109回目の今日は
男性の太陽が牡牛座、女性の月が双子座の結婚コンビネーション。
まずは男性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

太陽が牡牛座にある夫は、余計なことを言わないタイプ。
いつも気分が安定していて、多少のことでは右往左往したりはしない。
ニコニコと穏やかで、たいがいのことなら妻の思い通りにさせてあげる。
しかも誠実で働き者。
そう! 夫の鑑みたいないいオトコ!

対する月=双子座の妻は、いろんなことに興味があって
しょっちゅう外出したり、次々と趣味が変わったり。
家の中だって、先週は和風のインテリアだったのに
今週はなぜかアラビア風。
と思うと、ヨーロッパのアンティーク風に変わる…などといった具合。

安定した生活を送りたい太陽=牡牛座の夫としたら
妻にはもうちょっと落ち着いていてほしいと思うんじゃないかしら。
家にいる時間を長くして、
ゆったりと過ごせる空間作りの一助を担ってほしいと考えることになりそう。
そうじゃないと、夫自身の生活が乱される感じがして
ストレスがたまってしまう…。

とはいえ、太陽=牡牛座の男性にありがちな頑固さは
月=双子座の女性の融通無碍な生き方に刺激されて
「なるほど、こだわりを持たなくてもいいかもしれないなぁ」と
ゆるんでくる可能性がある。
すると生きるのがラクになる。

妻に要求するだけでなく、
むしろ妻に付き従って、いっしょに楽しむことを覚えましょうよ。
もちろん100%合わせる必要は、全くない。
楽しそうなことだけ、いっしょにやってみる。
きっと気楽な人生が待っているんじゃないかしら。


posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

結婚コンビネーション【太陽・牡牛座×月・獅子座】-2 [結婚コンビネーション(牡牛座)]

月の魔女・小泉茉莉花です。
結婚コンビネーション第97回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://mysteryart.web.fc2.com/fortune/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第97回目の今日は
男性の太陽が牡牛座、女性の月が獅子座の結婚コンビネーション。
今回は女性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

太陽・牡牛座はマイペース。
月・獅子座は火の星座なので、思い立ったらソク行動。
太陽・牡牛座をせかすけど、テコでも動かないから、
自分ひとりでさっさと行動することに。

月・獅子座は華やかでどこにいてもぱっと人目をひくタイプ。
太陽・牡牛座はそれに比べたら地味メ。

月・獅子座はナンバーワン志向が強く、一番になるのが目標。
太陽・牡牛座は持久力抜群で、一番でなくても高めの位置をキープすべく頑張る。
月・獅子座は自分もだけど、夫も子供も一番であってほしいので、
そんな太陽・牡牛座のお尻をがんがん叩く。
それがマイペースの太陽・牡牛座は嫌だと思う。


そう、何度もいうけど、太陽・牡牛座はマイペースで
誰が何といおうとも、自分をまげないので、月・獅子座はそれを尊重して好きにさせておくのがいい。
放っておいても、なまけたりはしない。
一番でなくても高め安定路線なので心配することはない。


太陽・牡牛座は結婚前はプレゼントとかくれたけど、
結婚したら、将来設計が大事でグレードがおちる。
そこが月・獅子座は不満だけど、
放っておいたら月・獅子座がぱっぱっと使ってしまうから、
ありがたいと思った方がいい。

それから、太陽・牡牛座は感情的になったりしない。
いつも安定しているから、月・獅子座がおちこんだときは包み込んでくれる。
カーッとなったときはブレーキかけてくれる。
案外いいコンビネーションでないかしらね。









nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

結婚コンビネーション【太陽・牡牛座×月・獅子座】-1 [結婚コンビネーション(牡牛座)]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

結婚コンビネーション第97回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://tiara.cc/~blue/art/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、97回目の今日は
男性の太陽が牡牛座、女性の月が獅子座の結婚コンビネーション。
まずは男性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

太陽が牡牛座にある男性は、口数少なく、穏やかなムードの持ち主。
いつもニコニコと微笑んでいて、ちょっとやそっとじゃ文句を言ったり怒ったりしない。
テディベアみたいな、あったかなイメージの人と思えばいいかな。

けれど、実は内弁慶で、家の中では意外とわがままな面を見せがち。
自分の大切にしているものには絶対に触れてほしくないし、
プライベートスペースをかっちりと決めていて
ちょっとでも侵食されると猛烈に怒り出す。
そして怒りはなかなか鎮まらない。

そんな男性を夫にする月=獅子座の女性は、
これまた頑固で、自分がすべてを掌握し、
すべてをコントロールしていないと気が済まないタイプ。
当然、「家庭の主は私よ!」という意識が強い。
だから夫のプライベートなテリトリーにもずかずかと踏み込むし、
「休暇は〇〇をしましょう」「ボーナスの使い道は△△だからね」と
何でもかんでも自分でどんどん決めてしまう。

太陽=牡牛座の夫は、こと、お金に関しては一家言あるので
そう簡単に妻の言いなりにはならない。
もちろん自分の大切なスペースに黙って踏み込まれるのも、イヤ。

というわけで、衝突することもたびたびありそうね。
で、そのたびに妻の勢いに押されて黙り込む…。

このままいけば、かかあ天下を嘆きつつ、
不満を抱きつつ、生きていくことにもなりかねない。

でも冷静に考えてみて。
妻はどこに出しても恥ずかしくない堂々とした女性だし、
なにより自分に自信を持っている姿が美しい。
そして妻に任せておけば、たいがいのことはうまくいく。
だったら「これだけは自分にまかせろ!」という部分だけ残して
あとは妻に丸投げでもいいんじゃないかしら。
妻の言いなりになる部分が多くても、
一緒にいると楽しいこともまた、どっさりあると思うよ。

確かに難しいコンビネーションではあるけれど、
ものはやりよう。
考え方ひとつで、快適生活を送れるんじゃないかな。



posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

結婚コンビネーション【太陽・牡牛座×月・射手座】-2 [結婚コンビネーション(牡牛座)]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

結婚コンビネーション第94回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://mysteryart.web.fc2.com/fortune/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第94回目の今日は
男性の太陽が牡牛座、女性の月が射手座の結婚コンビネーション。
第2ラウンドでは、女性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

月が乙女座にある女性は、家の中におとなしく納まっているタイプじゃない。
仮に専業主婦だったとしても、趣味にボランティアに友達付き合いにと
毎日お出かけが続くんじゃないかしら。
家を片付け、ご飯を作り…と考えると、むしろ気分が荒れてしまうと思う。
気持ちはいつも外を向いているし、
自由奔放といってもいいくらいに活動的。

ところが夫である太陽が牡牛座にある男性は
心地よく整頓された家の中にこもって、のんびりとするのが好き。
生活パターンも保守的で、現実的。

休みの日はアウトドアに出かけたい妻。
方や、家にいてゆっくりとくつろぎたい夫。
いはやは、全く違うタイプの夫婦!

それだけではなくて、妻はこだわりがなく、
過去の失敗も成功も、あれもこれも、あっさりさっぱり忘れて
前へ前へと目が向いているのに対して、
夫は過去を見つめ、じっくり考えたい。

金銭感覚にしたって、
妻はあればあるだけ使ってしまうけれど
夫は堅実に貯金し、将来計画をがっちりと立てるタイプ。

万事、反対方向を向いているふたりは、
それぞれが得意分野を受け持つのがいいんじゃないかしら。
遊びに関しては妻が、家計については夫が主導権を握る、というように。

また全く違う個性の持ち主だもの、
目を見張るような発想を持っている可能性がある。
考えていることを忌憚なく伝え、話し合うことで
すごい化学反応を起こすかもしれない。

とかく”自分は自分、相手は相手“となりやすいコンビネーションだけど、
話し合うことを大切にしてほしいと思う。


posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

結婚コンビネーション【太陽・牡牛座×月・射手座】-1 [結婚コンビネーション(牡牛座)]

月の魔女・小泉茉莉花です。
結婚コンビネーション第94回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://mysteryart.web.fc2.com/fortune/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第94回目の今日は
男性の太陽が牡牛座、女性の月が射手座の結婚コンビネーション。
今回は男性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

牡牛座も射手座もマイペース!
太陽・牡牛座はスローペースのマイペース。
月・射手座はスピーディなマイペース。
なので、同じマイペースでも、ペースは全然あわない。
月・射手座がはるか先を走っていても、太陽・牡牛座はゆっくり歩いていく。
月・射手座がいくらせかしても、夫・牡牛座は少しも動じない。
太陽・牡牛座が「もっとゆっくりいこうよ」と言っても、
「そうよね」と月・射手座は気持ちは納得しても、身体は走り出してしまう。

月・射手座の世界は広い。
太陽・牡牛座の世界よりずっと。
太陽・牡牛座にはそれが魅力的ではあるけど、自分の世界が大事。

このコンビネーションは無理して相手にあわせようとしても無理。
自分の世界を大事にして違うペースでいったほうがいい。
ただし、朝食だけは必ず一緒に食べるとかいくつかの約束ごとだけはしておくこと。
そうしないと接点がなくなる恐れありだからね。

月・射手座は考える前に行動をおこすから失敗が多い。
失敗してもすぐに立ち直るけど、やはり一度はおちこむ。
そんなときにかけこむのは太陽・牡牛座のところ。
そういう関係でいるのが一番の理想。

太陽・牡牛座はどーんと構えて動じない存在でいたいもの。
でも、困ったときは案外月・射手座が頼りになる。
サクサクと解決してくれたりする。

考え方次第では、案外いいコンビネーションだと思うけど。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

結婚コンビネーション【太陽・牡牛座×月・乙女座】-2 [結婚コンビネーション(牡牛座)]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

結婚コンビネーション第88回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://tiara.cc/~blue/art/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第88回目の今日は
男性の太陽が牡牛座、女性の月が乙女座の結婚コンビネーション。
第2ラウンドでは、女性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

月の魔女の言うように、牡牛座と乙女座は同じ地エレメンツの星座。
現実感覚にすぐれ、堅実に、きっちりと生きていく。
その本質が非常に似通っているので、お互いをすんなりと理解しあえるし、
その結果、とても相性がいい。

ところが月が乙女座にある女性は、とても細やかな神経の持ち主。
小さな音にもビクっと反応し、どんなささやかなことも見落とさない。
水星の支配を受けているだけあって、頭がよくて、数字に強い。
家計簿をきっちりつけていたり、
そうでなくても将来の資金計画などを抜かりなく立てている。
つまり主婦として、妻として、とても素晴らしい能力を持っているということ。

ところが夫である太陽=牡牛座の男性は、おっとりしたタイプ。
ぼんやりしていて見落とすことも多い。
それをフォローしてあげるのが、妻の役目になってしまいそうね。

また、夫は内弁慶で、家にいるときは自分勝手な傾向がある。
家全体を見渡す目は、残念ながら、持っていない。
基本的に、視線が届くのは自分のまわりだけ。
目配りのきく月=乙女座の妻としたら、イライラさせられることもたびたび…。

こんな夫とうまくやっていくには
夫の“お守り役”“お世話役”になると腹をくくることが大事なんじゃないかしら。
そして家庭の司令塔は自分なんだと覚悟を決め、
妻が家庭運営の指示を出すようにする。
頑固な太陽=牡牛座の夫だから、
ときにはムッとして口をきかなくなることもあるでしょうけど、
そこは月=乙女座持ち前のコミュニケーション能力でなんとかなるはず。



posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

結婚コンビネーション(太陽・牡牛座×月・乙女座)-1 [結婚コンビネーション(牡牛座)]

月の魔女・小泉茉莉花です。
結婚コンビネーション第88回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://tiara.cc/~blue/art/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第88回目の今日は
男性の太陽が牡牛座、女性の月が乙女座の結婚コンビネーション。
今回は男性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

牡牛座と乙女座は同じ地の星座で相性は良い。
どちらも慎重派で堅実なので華やかさはないけど、地に足ついた生活ができます。
前回の太陽・山羊座×月・牡牛座と同じパターンですね。

違うのは乙女座は同じ地の星座でも好奇心が旺盛なところ。
いろんな情報を収集するので世界はちょっと広がるかも。
といっても、行動力は乙女座の場合さらにないので、
それが実行されるかどうかは?
夫婦で「おもしろそうだね」「いつかやりたいね」で終わってしまうことが多いかも。

それと牡牛座×乙女座はよそ見せずずっと一途なので、
なが~く添い遂げられそうです。

頑固さも乙女座の場合、少し緩和されますが、
コミニュケーション能力高めなので、理屈っぽい。
間違いなく、太陽・牡牛座は言いまくられて負けそうです。


神経質な月・乙女座にとっては太陽・牡牛座はドーンとかまえて動じない頼りになる夫。
いろいろ言っても、頼りにしていることは確かですから、
何を言われても、右から左に受け流すくらいの鷹揚さをもちましょう。
それでも、どうしても、我慢できないなら、
手紙にして渡すなどして気持ちを伝えるのが乙女チックな乙女座好みでいいかも。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

結婚コンビネーション【太陽・牡牛座×月・魚座】-2 [結婚コンビネーション(牡牛座)]

月の魔女・小泉茉莉花です。
結婚コンビネーション第59回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://tiara.cc/~blue/art/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第59回目の今日は
男性の太陽が牡牛座、女性の月が魚座の結婚コンビネーション。
今回は女性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

太陽・牡牛座も月が魚座もとても優しい。
太陽・牡牛座は愛情持久力が高いので、長いおつきあいでゴールインしたというケースが多そう。
めったなことでは愛の炎はきえないので、さらにこの結婚も長く続いていくはず。

太陽・牡牛座と月が魚座にすれ違いが生じるとしたら金銭面。
太陽・牡牛座は金銭感覚が抜群なのに対して、月・魚座はあまり考えない。
太陽・牡牛座に怒られてということになりそうだけど、あまりいいなりになっていると
毎日が楽しくないので、使えるお金は使ってしまいましょう。
あなたが貯金しなくても、だんなさんがしっかりためこんでくれるから大丈夫。

もうひとつは、目に見えるもの、手でさわれるものしか信じない太陽・牡牛座に
夢いっぱいで神秘的なものにもひかれる月・魚座が思いっきり否定されること。
月・魚座は反論できずに悔しい思いをしそう。
「現実的でつまんない人」と心の中で思ってればいいのでは?
その話はわかってくれる相手としましょう。

太陽・牡牛座はとにかく頑固。
一度こうとおもったらテコでも動かない。
月・魚座は押しが弱いし、論破できるほど口が達者でもないので、
とりあえず「はい、はい」ときいておくのがよさそう。

月・魚座が芸術関係のことをしていきたいと思うなら、実績を作るのが一番。
それで認められれば、旦那さまも一目おいてくれるようになります。
とても難しいことだけどね。
そこまでやれないというなら、右から左へ聞き流しておくのが平和かも。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

結婚コンビネーション【太陽・牡牛座×月・魚座】-1 [結婚コンビネーション(牡牛座)]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

結婚コンビネーション第59回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://tiara.cc/~blue/art/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第59回目の今日は
男性の太陽が牡牛座、女性の月が魚座の結婚コンビネーション。
まずは男性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

太陽が牡牛座にある男性は、
辛抱強く、粘り強く、黙々と歩みを進めていきます。
ちょっと内気だけれど、頼もしい夫でしょうね。
でも家の中では案外、内弁慶で、ときには怒りをぶちまけ、
また、ときにはワガママを言い放つことも。

月が魚座にある女性は、それはそれは優しい。
どんな人も、どんなことも許容してしまう。
だから夫の怒りもワガママも、そっくりそのまま受け入れてあげる。
太陽=牡牛座男性にとって、たいそう居心地のいい妻といえます。

ところで。
太陽=牡牛座の夫には、自分の領域をしっかりとキープしたいという
本能にも似た願望がある。
この領域とは、具体的な”自分の居場所“のこともあれば
”自分だけの趣味“だったり、
”自分以外の人間が立ち入らない心の中“だったりするのだけれど、
いずれにしても「自分の領域」それも「居心地のいい」領域が
心地よく生きていくためには、とても大事。

しかし妻は、往々にして、その領域を侵すことがある。
それも悪気なく。
大事にしていた物を、ガラクタと勘違いされて捨てられたり、
この場所がいいと決めて置いた椅子を
勝手に動かされたり…。
悪気がないだけに、責めるのもかわいそうで
始末に負えない。

そんなときは、言いたいことをちゃんと伝えましょう。
こういうことはイヤなんだ、と。
甘ったれで、弱虫の妻は、強く責められるとヘコんじゃう。
だから落ち着いて、冷静に、やさしく伝えること。

また、家では自分のペースを大切にしたい太陽=牡牛座の男性だけど、
2回に1回、いえ3回に1回でいい、妻を最優先してあげて。
月=魚座の妻は、それだけで気分がよくなり、
ますます優しくしてくれるというものです。




posted by taiyonomajo at nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:占い
前の10件 | - 結婚コンビネーション(牡牛座) ブログトップ
メッセージを送る