So-net無料ブログ作成
結婚コビネーション(太陽・獅子座) ブログトップ
前の10件 | -

結婚コンビネーション【太陽・獅子座×月・双子座】-2 [結婚コビネーション(太陽・獅子座)]

月の魔女・小泉茉莉花です。
結婚コンビネーション第115回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://mysteryart.web.fc2.com/fortune/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第115回目の今日は
男性の太陽が獅子座、女性の月が双子座の結婚コンビネーション。
今回は女性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

月・双子座は頭の回転が早く、お話も上手。
そんな月・双子座に太陽・獅子座はかなわない。

ただ、太陽・獅子座は行動力抜群。
月・双子座は企画力抜群だけど、行動力はいまひとつなので、
行動力抜群の獅子座と組めば鬼に金棒。
どんどん実現してくれる頼もしいパートナー。
しかも、ほめておだてておけば、難しいことにだって挑戦してくれる。
完全に月・双子座の手の上で踊っている太陽・獅子座!
ときどき、それに気がついて腹がたってがーっと言ったりするけど、
結局月・双子座にうまくまるめこまれて、ほめられていい気分にさせられて
両方ともが大満足になる。。。。

すごくいいコンビネーション。
一番いいところは、ナンバーワン志向の強い太陽・獅子座が戦闘態勢に入っても、
月・双子座がそれをまともにうけないで、さらっと受け流すところ。
けんかにならない。
もし、言い争いになっても月・双子座が勝つんだとは思うけど、
そうはしないところがお利口なところ。

やはり両方が気分よくいるのが一番だものね。
どちらにとって、相手は自慢のパートナー。
壁にぶつかることがあっても、太陽・獅子座が壊して突破していってくれる。
楽しいことは月・双子座の機転でさらに楽しくなる。

注意することがあるとすれば、両方とも調子にのらないことが大事。
相手をきちんと尊重しましょう!



nice!(2)  コメント(0) 

結婚コンビネーション【太陽・獅子座×月・双子座】-1 [結婚コビネーション(太陽・獅子座)]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

結婚コンビネーション第115回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://tiara.cc/~blue/art/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、115回目の今日は
男性の太陽が獅子座、女性の月が双子座の結婚コンビネーション。
まずは男性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

太陽が獅子座にある夫は、亭主関白の傾向が強い。
自分を最優先してほしいと願ってる。
一番風呂に入り、「どうしたらいいかしら?」と妻から相談を持ち掛けられ、
「やっぱりあなたの判断が正しいわ」と言ってもらいたい。

そこへいくと月=双子座の妻は
決して従順なタイプじゃないのだけれど、賢いので
夫の願望を満たすように立ち回ってくれる。
しかも、いつもキレイで“自慢の妻”でいてほしいと思っている夫にとって、
月=双子座の妻は流行のおしゃれをして、チャーミング。
夫の願望をそれなりに満たしてくれる。

…と、何も不満がない夫婦になれそうだけど、
妻の理屈っぽさには気を付けたほうがいい。
ある日、突然、
「女だからって、主婦だからって、なぜ家事をしなきゃならないの?」と
食ってかかるかもしれない。
そうなったら、夫には太刀打ちできない。
なぜって、月=双子座は言葉数が多いうえに
理論武装が得意だから。

「可愛い妻」「自慢の妻」を望まないほうが、夫婦関係はうまくいくと思う。
「妻は夫を立ててくれているけれど、それは妻が賢いからで、
決して亭主関白状態を好きだからじゃないのだ」と理解しましょう。
そして「ありがとう」「感謝してる」と何度でも伝えましょう。

妻は明るい性格だけど、ときどき神経質になったり
ガクンと落ち込むこともある。
その一方、太陽=獅子座は基本、陽気。
明るく励ましたり笑わせたりしてあげるよう心がければ
あなたは妻にとって唯一無二の存在になれるはず。



posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 

結婚コンビネーション【太陽・獅子座×月・天秤座】-2 [結婚コビネーション(太陽・獅子座)]

月の魔女・小泉茉莉花です。
結婚コンビネーション第103回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://mysteryart.web.fc2.com/fortune/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第103回目の今日は
男性の太陽が射手座、女性の月が獅子座の結婚コンビネーション。
今回は男性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。


太陽・獅子座は妻を自慢したいタイプ。
自慢の妻として天秤座は文句なしの合格点。
一緒にいろんなところにいって、夫は妻をほめてもらえるのが嬉しい。
妻はほめられるのが嬉しい。

おしゃれしてでかけたり、ホームパーティに招待したりという表の顔の部分では
相性抜群といえます。
さらに、太陽・獅子座は自分が主導権をとりたいタイプ。
月・天秤座は優柔不断なので相手にきめてほしい。
ここでも、コンビネーションばっちり。


ただ、月・天秤座は友達が多くて、おつきあいで忙しい。
家に帰ったら、妻主催のパーティをやっていたり、
友達と電話やメールをしていたら、太陽・獅子座は途端に不機嫌になる。
自分のことを一番に考えてくれないと気がすまないのだ。
そういうときは、なるべく早く話をきりあげるか、
「ちょっと待ってね」と一声かけることが大事。
獅子座は華やかな事が好きなので、自分の友達に紹介して
どんなにいい夫かアピールすること。
みんなから「いいだんなさんね」といわれればすぐにご機嫌に。

天秤座こだわりのインテリアなども、
獅子座はそんなにこだわらないのだけど、
一応お伺いをたてておくことが必要。
「好きなようにしていいよ」ということになりそう。

月・天秤座は人あしらいが上手なので
単細胞の火の星座・獅子座をコントロールするのはそんなに難しくない。
ちょっと相談する手間暇をおしまないことがうまくやっていくコツ







nice!(2)  コメント(0) 

結婚コンビネーション【太陽・獅子座×月・天秤座】-1 [結婚コビネーション(太陽・獅子座)]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

結婚コンビネーション第103回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://tiara.cc/~blue/art/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、103回目の今日は
男性の太陽が獅子座、女性の月が天秤座の結婚コンビネーション。
まずは女性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

太陽が獅子座にある男性は一流好み。
自分自身も一流でありたい、いえ”超一流”でありたいと思っているし、
そんな自分の妻になる女性には、同じように一流であることを求めている。
どこに連れて行っても恥ずかしくない容姿を持ち、
身に着けているものも、そう簡単には手に入らないブランドものであってほしい。
そして何より美しくあってほしい。
もちろん話す内容も、言葉遣いも!

受けて立つ妻は、月が天秤座。
もうね、申し分ない。
なにしろセンスは抜群、社交性に富み、時と場合をわきまえていて、
ルックスもピカイチ。
話題も豊富だけど、出しゃばらない。
夫が求めるものをすべて持っている妻だと思う。

また太陽が獅子座にあると、どうしてもリーダーシップを発揮して、
俺のあとからついてこい!というふうになるのだけれど
月=天秤座の妻は、それに反発することもなく
にっこり微笑んで夫に付き従っていく。
家庭運営も、親戚やご近所、友達づきあいも、
日々の過ごし方でさえ夫に従う。
なにしろ月が天秤座にある女性は受動的。
自分からこうしよう、ああしなきゃ、と動くよりも
人に引っ張ってもらうほうがラクだし、安心なんだもの。

というわけで、このコンビネーションの得点はハイレベル。
もし難を言うなら、妻が仕事を持っていて、忙しいときにどうなるかということ。
あるいは子供がいたらママ友づきあいや幼稚園、学校の用事などで
家を空けることが多くなりがち。
話題は仕事のこと、子供のことになりやすいし、
帰りが遅い日が増えるかもしれない。
夫は不満たらたらになること間違いない。
「浮気してるんじゃないか」
「家庭をほったらかしにして遊び歩くなんて!」
…と、あらぬ誤解をするかも。
もし妻に疑いを持ったら、まずはちゃんと真偽を確かめること。
そして、出てきた答えを額面通りに信じることね。



posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 

結婚コンビネーション【太陽・獅子座×月・牡羊座】-2 [結婚コビネーション(太陽・獅子座)]



こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

結婚コンビネーション第98回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://mysteryart.web.fc2.com/fortune/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第98回目の今日は
男性の太陽が獅子座、女性の月が牡羊座の結婚コンビネーション。
第2ラウンドでは、女性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

このコンビネーションは、同じ火の星座同士だから
基本的な相性はとてもよろしい。
たとえぶつかっても、話せばわかる、という関係性。

ところが太陽が獅子座にある夫は、
オレがこの家のリーダーだとばかりに主人ヅラをする。
いわゆる家長ね。
とても無邪気に、心底そう思ってる。
そして自分が大切にされていないと感じると、怒る。不機嫌になる。

月が牡羊座にある妻にとって、これほど不愉快なことがあるだろうか?
家族をリードするのは、この私、と思っているのだから。
自分を否定されたも同然。
そのうえ怒りまで買うなんて、理不尽極まりないと思うんじゃないかしら。

そう、妻も夫も覇権争いをするところが、このコンビネーションの困ったところ。

とはいえ前述したとおり、ぶつかっても、このふたりならば平気。
言いたいことをガンガン言って、言い尽くせば、それでスッキリ。
怒りをあとあとまで持ち越さない。

太陽=獅子座の夫は、妻にはきれいでいてほしいし、
出来るだけの贅沢もさせてやりたい。
夫のその思いを逆手にとって、
好きなだけおしゃれして、お買い物したりエステに行ったりしましょうよ。
そして「あなたが喜んでくれるから、ますますキレイにしたくなっちゃう♪」などと
甘えたことも言ってみるといい。
まぁ、ご機嫌取りというわけだけれど
それで夫がいい気分になるのならば、やってみる価値がある。

月が牡羊座の女性は、仕事にのめりこむ兼業主婦になりやすいけれど、
髪、振り乱して…という姿は見せないように。
どんなに仕事が忙しくて切羽詰まっても、キレイに装い、陽気にふるまうこと。
そうじゃないと「仕事と家庭とどっちが大事なんだ?」と
夫を怒らせることになるからね。



posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 

結婚コンビネーション【太陽・獅子座×月・牡羊座】 [結婚コビネーション(太陽・獅子座)]

月の魔女・小泉茉莉花です。
結婚コンビネーション第98回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://mysteryart.web.fc2.com/fortune/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第98回目の今日は
男性の太陽が獅子座、女性の月が牡羊座の結婚コンビネーション。
今回は男性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

獅子座と牡羊座は同じ火のエレメンツなのでマニュアル通りにいえば相性がいい。
これやろうといえば、次の瞬間には実現しているというぐらいスピーディ。
趣味・し好や行動パターンとか似ているところは多いけど、
どちらもナンバーワン志向が強くて、自分がイニシャチブをとりたいタイプなので、
主導権争いは壮絶。すごく相性がいいとはいえないかも。

相手の話をきかないし、相手のいうこともきかないので、
どちらも勝手にやってしまって、相手を怒らせることしばしば。

でも、火の星座の争いごとのいいところは、一晩たてばケロリと忘れること。
根にもったりしないけど、またすぐに喧嘩が始まる。
争いごと大嫌いな人にはすごい家庭みたいにみえるかも。

本人たちは明るくて、何でも言いたい事を言い合えて、
すっきりと楽しい。

太陽・獅子座はエリート志向が強くて、それはそれは頑張る。
自慢の妻であってほしい月・牡羊座も頑張り屋だから、太陽・獅子座は文句はない。

ふたりで一番めざして頑張る。はたからみたら大変そうだけど、本人たちはそれがふつー。

ただし、月・牡羊座は器用じゃないので、仕事も家事もとなるとどちらかに偏る可能性がある。
家事なら問題ないけど、仕事に偏りすぎると太陽・獅子座はちょっとおもしろくないかも。
特に、月・牡羊座が太陽・獅子座より成果をあげていたりすると、妻にライバル心をもやす。
月・牡羊座はカカア殿下なので、そんなことは気にせず、突き進む。
太陽・獅子座は悔しいと思うなら、負けないように頑張ればいい。
でも、月・牡羊座は太陽・獅子座の前では、大好きな自慢話も控えめにして、
少なくとも表では、相手を立てておく方がうまくいきます。

似た者同士のカップルで、相手のことは手にとるようにわかるのだから、
気にいらないことがあっても、戦闘モードに入らないことが夫婦円満のひけつだと思うわ。





nice!(2)  コメント(0) 

結婚コンビネーション【太陽・獅子座×月・乙女座】-2 [結婚コビネーション(太陽・獅子座)]

月の魔女・小泉茉莉花です。
結婚コンビネーション第81回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://tiara.cc/~blue/art/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第81回目の今日は
男性の太陽が獅子座、女性の月が乙女座の結婚コンビネーション。
今回は女性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

月・乙女座はナンバー2でありたいタイプ。   影の主導者希望。
太陽・獅子座は自分が主導権をとりたいタイプ。亭主関白希望。

というわけで太陽・獅子座が主導権を握ってぐいぐい進めていき、
月が乙女座がそれに従う・・・ようにみせて影で牛耳っているという
理想的な夫婦関係。

月・乙女座は家のことを完璧にこなす。仕事もできる。
太陽・獅子座は頼りになる夫。エリートコースまっしぐらでよく働く。
うまくいっているときはこれほど強力なコンビネーションはないけど、
月・乙女座は神経質。
太陽・獅子座のがさつなところが気になりだすと厳しく指摘する。
太陽・獅子座はごちゃごちゃいわれるのが大嫌い。けんかになる。

だから、太陽・獅子座は家のことはまかせていいんだけど、
余計な仕事は増やさないように努力する必要がある。
太陽・獅子座はぐいぐいひっぱっていくのはいいんだけど、
大事なことは必ず月・乙女座に相談すべき。
事後報告だと優秀な補佐役である月・乙女座も後処理が大変だからね。

太陽・獅子座はパートナーを連れて歩いて自慢するのが好きだけど、
月・乙女座はそれがあまり好きでないからナンバー2のポジションにいるわけだから、
無理に外に連れ出してはだめ。
月・乙女座がいかないといったからといって、他の女性を連れ歩くのはもっとだめ。
ってことになりかねないので月・乙女座もたまには太陽・獅子座につきあってでかけましょう。
自慢するってことはほめてくれるってことだからね。



nice!(2)  コメント(0) 

結婚コンビネーション【太陽・獅子座×月・乙女座】-1 [結婚コビネーション(太陽・獅子座)]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

結婚コンビネーション第81回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://tiara.cc/~blue/art/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、81回目の今日は
男性の太陽が獅子座、女性の月が乙女座の結婚コンビネーション。
前回81回目の逆バージョンです。
まずは男性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

獅子座と乙女座は、はっきり言って、相容れない星座同士です。
互いを理解するのに、とても苦労があるし、時間もかかる。

太陽が獅子座にある夫は、陽気で太っ腹、遊ぶのが大好きで、
贅沢志向の強いタイプ。
妻を人に自慢したいし、自慢できる妻であってほしい。
それには華やかで社交的で、おしゃれであってほしいのです。

ところが月が乙女座にある妻は、しとやかで賢く、
細やかな気遣いのできるステキな女性なのだけれど、
夫が求めるような華やかさ、派手さが、ない。
むしろ人目につかないようにしていたいタチ。

しかも、倹約家で、理屈好きで、細かくて、
夫から見たら、まったくゆとりを感じられない。
おおらかで、必殺遊び人である太陽=獅子座の男性にとって
これほど窮屈な女性はいないかもしれない。
ちょっとお金を使えば、妻は「将来のことを何にも考えてないのね!」と怒る。
仕事終わりに飲みに行くのも、休暇に旅行するのも、
月=乙女座の妻にとっては、単なる浪費でしかないわけで。

しかも月=乙女座の妻は、一見、従順そうだけれど、
観察力があるため、言葉が鋭く、的確。
グサッとくるひと言に、太陽=獅子座の夫のプライドは傷つけられてしまう。
妻の言葉は的を射ているだけに反論しようもなく、
夫としたら、ますます気持ちが折れてしまいそう…。

家庭管理の主導権は、妻に渡したほうが、丸く納まるんじゃないかしら。
なにしろ月=乙女座の妻は、現実をしっかり見ていて、
きちんとしているから。
そして表立ったことは、夫が堂々と対応する。
そんなスタイルを作ると、とてもよいコンビネーションになると思う。



posted by taiyonomajo at nice!(1)  コメント(0) 

結婚コンビネーション【太陽・獅子座×月・蠍座】-2 [結婚コビネーション(太陽・獅子座)]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

結婚コンビネーション第76回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://tiara.cc/~blue/art/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第76回目の今日は
男性の太陽が獅子座、女性の月が蠍座の結婚コンビネーション。
第2ラウンドでは、女性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

月の魔女の言う通り、このコンビネーションは正反対。
月=蠍座の妻は、静かに暮らすのが性に合ってるし、
太陽=獅子座の夫は、外に出て楽しいことをいっぱい体験しようというタイプ。
だからズレがあっても仕方ない。
むしろズレを”自分にない個性“として、お互いにないものを補うようにすると
案外うまくいくんじゃないかしら。

そもそも月=蠍座の女性は、目立つことが好きじゃない。
自分の世界にひっそりとひたっていたいし、
自分をひけらかしたりといった人目につく言動が苦手。
もちろん夫とも、ふたりだけの世界を構築して、その中でしっぽりとしていた。

ところが太陽=獅子座の夫は、陽気でハデ好きで、
人前に出るのが好きで、衆目が集まる場ほど本領を発揮するタイプ。
妻からしたら「違うよ!」と言いたくなることもたくさんありそうね。

また夫は華やかな場に出ていくことが多いだけに
女性とのおつきあいも、また多い。
深い仲になるわけじゃなくても、女性の取り巻きがいたり、
親しい女友達が何人もいるんじゃないかしら。
夫婦はいつもぴったりと寄り添い、向き合っていたいと思う妻にとっては、
それも悩みの種になってしまいそう。

夫にも妻にも、それぞれのやりかたがあり、得意分野があるのだから
外向きのことは夫に任せてしまって、
妻である月=蠍座の女性は、家庭という自分の世界を自分流に育んでいきましょうよ。
夫の女性づきあいに、嫉妬みたいな気持ちになることもあるでしょうけど、
目くじらを立てることはない。
単なるお友達づきあいなのだと割り切って!

夫は外、自分は家という役割分担があるのだと理解して、
それぞれが持っていないものを補い合う関係を作ることができれば
よいコンビネーションだと思うよ。



posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 

結婚コンビネーション【太陽・獅子座×月・蠍座】-1 [結婚コビネーション(太陽・獅子座)]

月の魔女・小泉茉莉花です。
結婚コンビネーション第76回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://tiara.cc/~blue/art/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第76回目の今日は
男性の太陽が獅子座、女性の月が蠍座の結婚コンビネーション。
今回は男性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

太陽・獅子座は守護星が太陽だけあって、陽。
月・蠍座は水の星座なので陰。
あけっぴろげで、目立ちたい太陽・獅子座と秘密主義者でなるべく人の後に隠れていたい月・蠍座。
まるで正反対。
正反対なものにひかれて結婚したものの、
外におしゃれして遊びにいきたい太陽・獅子座と、
家で自分の好きなことに没頭したい月・蠍座。
月・蠍座としては、「ひとりでいってらっしゃいよ」とか、「友達といけば」とか
いうんだけど、妻をみんなにみせびらかして自慢したい太陽・獅子座はそれは不満。
月・蠍座はみせびらかされたくもないし、自慢されたくもない。。。。。
もし、一緒にどこかにいくのだとすれば夫の後にひっそりたたずんでいたい。

でも、太陽・獅子座が自慢したくなるだけあって、月・蠍座は家事も育児も完璧。
愛情深い妻になりそう。
月・蠍座の愛は水の星座だけあって、やや重いんだけど、
太陽・獅子座は浮気を隠しておくのが苦手。
すぐにばれて怒られることに。

どちらかといえば、月・蠍座のフェロモン系奥さんが危ないんだけど、
月・蠍座は結婚前はもてもてだったけど、結婚してからはガードが固い。
愛はもっぱら夫と子供に注がれるのでその心配はなさそう。

心配があるとすれば、月・蠍座が悩んでいても、
太陽・獅子座にはわからない。
「相談してくれればいいじゃない」と思うんだけど、
月・蠍座にすれば「察してよ」と思う。

だから、太陽・獅子座は月・蠍座の心の奥まで察してあげないといけない。
自分が、自分がと思ってないで、「いつもありがとう」とねぎらってあげないといけない。
月・蠍座の話をちゃんときいてあげなくちゃいけない。

それができないと月・蠍座の不満が爆発するので気をつけて。
太陽・獅子座は月・蠍座はとにかく自分とは正反対なんだと自覚していればうまくいくはず。



nice!(2)  コメント(0) 
前の10件 | - 結婚コビネーション(太陽・獅子座) ブログトップ
メッセージを送る