So-net無料ブログ作成
検索選択
結婚コビネーション(太陽・獅子座) ブログトップ
前の10件 | -

結婚コンビネーション【太陽・獅子座×月・乙女座】-2 [結婚コビネーション(太陽・獅子座)]

月の魔女・小泉茉莉花です。
結婚コンビネーション第81回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://tiara.cc/~blue/art/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第81回目の今日は
男性の太陽が獅子座、女性の月が乙女座の結婚コンビネーション。
今回は女性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

月・乙女座はナンバー2でありたいタイプ。   影の主導者希望。
太陽・獅子座は自分が主導権をとりたいタイプ。亭主関白希望。

というわけで太陽・獅子座が主導権を握ってぐいぐい進めていき、
月が乙女座がそれに従う・・・ようにみせて影で牛耳っているという
理想的な夫婦関係。

月・乙女座は家のことを完璧にこなす。仕事もできる。
太陽・獅子座は頼りになる夫。エリートコースまっしぐらでよく働く。
うまくいっているときはこれほど強力なコンビネーションはないけど、
月・乙女座は神経質。
太陽・獅子座のがさつなところが気になりだすと厳しく指摘する。
太陽・獅子座はごちゃごちゃいわれるのが大嫌い。けんかになる。

だから、太陽・獅子座は家のことはまかせていいんだけど、
余計な仕事は増やさないように努力する必要がある。
太陽・獅子座はぐいぐいひっぱっていくのはいいんだけど、
大事なことは必ず月・乙女座に相談すべき。
事後報告だと優秀な補佐役である月・乙女座も後処理が大変だからね。

太陽・獅子座はパートナーを連れて歩いて自慢するのが好きだけど、
月・乙女座はそれがあまり好きでないからナンバー2のポジションにいるわけだから、
無理に外に連れ出してはだめ。
月・乙女座がいかないといったからといって、他の女性を連れ歩くのはもっとだめ。
ってことになりかねないので月・乙女座もたまには太陽・獅子座につきあってでかけましょう。
自慢するってことはほめてくれるってことだからね。



nice!(2)  コメント(0) 

結婚コンビネーション【太陽・獅子座×月・乙女座】-1 [結婚コビネーション(太陽・獅子座)]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

結婚コンビネーション第81回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://tiara.cc/~blue/art/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、81回目の今日は
男性の太陽が獅子座、女性の月が乙女座の結婚コンビネーション。
前回81回目の逆バージョンです。
まずは男性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

獅子座と乙女座は、はっきり言って、相容れない星座同士です。
互いを理解するのに、とても苦労があるし、時間もかかる。

太陽が獅子座にある夫は、陽気で太っ腹、遊ぶのが大好きで、
贅沢志向の強いタイプ。
妻を人に自慢したいし、自慢できる妻であってほしい。
それには華やかで社交的で、おしゃれであってほしいのです。

ところが月が乙女座にある妻は、しとやかで賢く、
細やかな気遣いのできるステキな女性なのだけれど、
夫が求めるような華やかさ、派手さが、ない。
むしろ人目につかないようにしていたいタチ。

しかも、倹約家で、理屈好きで、細かくて、
夫から見たら、まったくゆとりを感じられない。
おおらかで、必殺遊び人である太陽=獅子座の男性にとって
これほど窮屈な女性はいないかもしれない。
ちょっとお金を使えば、妻は「将来のことを何にも考えてないのね!」と怒る。
仕事終わりに飲みに行くのも、休暇に旅行するのも、
月=乙女座の妻にとっては、単なる浪費でしかないわけで。

しかも月=乙女座の妻は、一見、従順そうだけれど、
観察力があるため、言葉が鋭く、的確。
グサッとくるひと言に、太陽=獅子座の夫のプライドは傷つけられてしまう。
妻の言葉は的を射ているだけに反論しようもなく、
夫としたら、ますます気持ちが折れてしまいそう…。

家庭管理の主導権は、妻に渡したほうが、丸く納まるんじゃないかしら。
なにしろ月=乙女座の妻は、現実をしっかり見ていて、
きちんとしているから。
そして表立ったことは、夫が堂々と対応する。
そんなスタイルを作ると、とてもよいコンビネーションになると思う。



posted by taiyonomajo at nice!(1)  コメント(0) 

結婚コンビネーション【太陽・獅子座×月・蠍座】-2 [結婚コビネーション(太陽・獅子座)]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

結婚コンビネーション第76回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://tiara.cc/~blue/art/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第76回目の今日は
男性の太陽が獅子座、女性の月が蠍座の結婚コンビネーション。
第2ラウンドでは、女性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

月の魔女の言う通り、このコンビネーションは正反対。
月=蠍座の妻は、静かに暮らすのが性に合ってるし、
太陽=獅子座の夫は、外に出て楽しいことをいっぱい体験しようというタイプ。
だからズレがあっても仕方ない。
むしろズレを”自分にない個性“として、お互いにないものを補うようにすると
案外うまくいくんじゃないかしら。

そもそも月=蠍座の女性は、目立つことが好きじゃない。
自分の世界にひっそりとひたっていたいし、
自分をひけらかしたりといった人目につく言動が苦手。
もちろん夫とも、ふたりだけの世界を構築して、その中でしっぽりとしていた。

ところが太陽=獅子座の夫は、陽気でハデ好きで、
人前に出るのが好きで、衆目が集まる場ほど本領を発揮するタイプ。
妻からしたら「違うよ!」と言いたくなることもたくさんありそうね。

また夫は華やかな場に出ていくことが多いだけに
女性とのおつきあいも、また多い。
深い仲になるわけじゃなくても、女性の取り巻きがいたり、
親しい女友達が何人もいるんじゃないかしら。
夫婦はいつもぴったりと寄り添い、向き合っていたいと思う妻にとっては、
それも悩みの種になってしまいそう。

夫にも妻にも、それぞれのやりかたがあり、得意分野があるのだから
外向きのことは夫に任せてしまって、
妻である月=蠍座の女性は、家庭という自分の世界を自分流に育んでいきましょうよ。
夫の女性づきあいに、嫉妬みたいな気持ちになることもあるでしょうけど、
目くじらを立てることはない。
単なるお友達づきあいなのだと割り切って!

夫は外、自分は家という役割分担があるのだと理解して、
それぞれが持っていないものを補い合う関係を作ることができれば
よいコンビネーションだと思うよ。



posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 

結婚コンビネーション【太陽・獅子座×月・蠍座】-1 [結婚コビネーション(太陽・獅子座)]

月の魔女・小泉茉莉花です。
結婚コンビネーション第76回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://tiara.cc/~blue/art/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第76回目の今日は
男性の太陽が獅子座、女性の月が蠍座の結婚コンビネーション。
今回は男性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

太陽・獅子座は守護星が太陽だけあって、陽。
月・蠍座は水の星座なので陰。
あけっぴろげで、目立ちたい太陽・獅子座と秘密主義者でなるべく人の後に隠れていたい月・蠍座。
まるで正反対。
正反対なものにひかれて結婚したものの、
外におしゃれして遊びにいきたい太陽・獅子座と、
家で自分の好きなことに没頭したい月・蠍座。
月・蠍座としては、「ひとりでいってらっしゃいよ」とか、「友達といけば」とか
いうんだけど、妻をみんなにみせびらかして自慢したい太陽・獅子座はそれは不満。
月・蠍座はみせびらかされたくもないし、自慢されたくもない。。。。。
もし、一緒にどこかにいくのだとすれば夫の後にひっそりたたずんでいたい。

でも、太陽・獅子座が自慢したくなるだけあって、月・蠍座は家事も育児も完璧。
愛情深い妻になりそう。
月・蠍座の愛は水の星座だけあって、やや重いんだけど、
太陽・獅子座は浮気を隠しておくのが苦手。
すぐにばれて怒られることに。

どちらかといえば、月・蠍座のフェロモン系奥さんが危ないんだけど、
月・蠍座は結婚前はもてもてだったけど、結婚してからはガードが固い。
愛はもっぱら夫と子供に注がれるのでその心配はなさそう。

心配があるとすれば、月・蠍座が悩んでいても、
太陽・獅子座にはわからない。
「相談してくれればいいじゃない」と思うんだけど、
月・蠍座にすれば「察してよ」と思う。

だから、太陽・獅子座は月・蠍座の心の奥まで察してあげないといけない。
自分が、自分がと思ってないで、「いつもありがとう」とねぎらってあげないといけない。
月・蠍座の話をちゃんときいてあげなくちゃいけない。

それができないと月・蠍座の不満が爆発するので気をつけて。
太陽・獅子座は月・蠍座はとにかく自分とは正反対なんだと自覚していればうまくいくはず。



nice!(2)  コメント(0) 

結婚コンビネーション【太陽・獅子座×月・射手座】-2 [結婚コビネーション(太陽・獅子座)]

月の魔女・小泉茉莉花です。
結婚コンビネーション第73回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://tiara.cc/~blue/art/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第73回目の今日は
男性の太陽が獅子座、女性の月が射手座の結婚コンビネーション。
今回は女性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

基本、獅子座と射手座は同じ火の星座なので相性はばっちり。
火の星座同士だと主導権争いになりがちなのだけど、
射手座の場合は競争心がないので主導権は心よく獅子座にゆずってくれそう。

だからといって、射手座が獅子座の傘下にはいってくれるわけじゃない。
競争はしないけど、言う事も聞かないので、
太陽・獅子座は主導権を握っていてもあまり意味がないかも。
どうしても、言う事をきかせたくて高圧的な態度をとろうものなら
月・射手座はすぐに逃げ出すので注意。
さらに、月・射手座は話あってきめるというタイプでもない。
でも、太陽・獅子座が魅力的であれば必ず月・射手座は離れないから、
無理に言う事きかせようとしないで、自分磨きに精を出す方がよさそう。

もっとも、いつもいつも二人が違う方向をむいているわけじゃない。
同じ目的をもてばこれほど強いコンビネーションはない。
それこそ火のように燃えて、どんな高い壁でものりこえて、
短い時間で目的を達成できそう。

太陽・獅子座はいつも月・射手座に課題を与えるのがいいかも。
二人でテニスのペアを組むとか、ダンスのペアを組んで競技会にでるとか。。。
楽しいことがおすすめです。
月・射手座はナンバーワンにはならなくていいと思うけど、
自分が納得いくまでやるので、結果、ナンバーワンになれたりするはず。

月・射手座はけんかも苦手なので、太陽・獅子座にがーっといわれると
こちらも逃げ出す可能性大だけど、
すぐにさめるので右から左に聞き流していれば大丈夫。
けんかをおそれず言い合うのもいいんだけど。
まあ、火の星座だから、よほどのときは言うと思うから心配ないと思うけど。

スピーディでポジティブで、とてもいいコンビネーションだと思うわ。
nice!(2)  コメント(0) 

結婚コンビネーション【太陽・獅子座×月・射手座】-1 [結婚コビネーション(太陽・獅子座)]


こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

結婚コンビネーション第73回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://tiara.cc/~blue/art/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、73回目の今日は
男性の太陽が獅子座、女性の月が射手座の結婚コンビネーション。
まずは男性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

このコンビネーションは、どちらも火エレメンツ。
情熱と行動力の人です。
同じエレメンツのふたりは、基本的な相性がとてもいい。
互いに無理なく理解しあえる。

ところが夫である太陽=獅子座の男性は定着星座。
こだわりが強く、安定していることが信条。

一方、月=射手座の妻は、変通星座であり、
動き回っていないといられない。

この違いが、二人のすれ違いになりやすいので、注意。

たとえば休日。
夫がいつも通りに起きて、ふと横を見ると
妻はいない、ベッドの中はもぬけの殻。
家中を探すけれど、姿がない。
昨夜は「いつも通りに起きるね」と言ってたのに…。
そう、月=射手座の妻は、ふと思いついて早起きし、
お出かけしてしまったというわけ。

人生の目標、夫婦のあり方といった大きなことから
何を食べるか、何を着るかといった小さなことまで
こういったすれ違いが起きやすい。

太陽=獅子座の夫は俺様タイプだから
自分の知らないところで妻が動き回るのが気に入らない。
で、文句を言うと、反論される。
もし黙って聞いていても、妻はすぐに忘れて
自分勝手で予測不能な行動をとる。

確かにすれ違いは多いかもしれないけれど
基本的にふたりの波長はよく合うのだから
妻のやりたいようにさせるのがいちばん。
無理に自分に合わせるよう強要でもしようものなら
さっさと逃げ出してしまうのが月=射手座。
それぞれが自分のやり方をキープしつつ
互いを尊重する…、そんな関係になれればいいね。



posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 

結婚コンビネーション【太陽・獅子座×月・蟹座】-2 [結婚コビネーション(太陽・獅子座)]

月の魔女・小泉茉莉花です。
結婚コンビネーション第35回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/my-art/fortune/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第35回目の今日は
男性の太陽が獅子座、女性の月蟹座の結婚コンビネーション。
今日は女性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

蟹座はお嫁さんにしたい星座ナンバーワンといわれています。
家事も育児も完璧にこなし、家計のやりくりも抜群にうまい。
だけど、やきもちやきなのがたまにキズ。

太陽・獅子座は男らしくて、「黙って俺についてこい」というタイプ。
月・蟹座はそれを頼もしく思ってかいがいしく尽くす。
太陽・獅子座は強引で自分勝手。
月・蟹座はだんだんそれについていけなくなる。
でも、「何勝手なことしてんのよ!」みたいなことはいえないので、
我慢して我慢して。。。
太陽・獅子座は人の感情の機微はよくわからないから、
何もいわないからそれでいいと思ってしまう。
ある日、月・蟹座の我慢の限界に達して、ぶちきれる。

なんてことにならないように、言いたいことはけんかになっても言った方がいい。
太陽・獅子座は基本・火の星座だから、いいあいになっても後はひかない。
むしろ、言わなきゃわからない。言われて納得がいけば反省する。
ただし、罵詈雑言をなげつけるより、
「あなたはすごい、あなたに感謝している」とほめて
だけどね。「ここは違う」というのがコツ。
絶対してはいけないのが人との比較。
「××さんのだんなさんはこんなに素敵なのに、あなたは・・・」とか
言っちゃうと修復不可能になりかねない。
太陽・獅子座は常に自分が一番でないと気がすまないからね。

nice!(1)  コメント(0) 

結婚コンビネーション【太陽・獅子座×月・蟹座】-1 [結婚コビネーション(太陽・獅子座)]



こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

結婚コンビネーション第35回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/my-art/fortune/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第35回目は
男性の太陽が獅子座、女性の月が蟹座の結婚コンビネーション。
今日は男性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

太陽が獅子座にある男性は、言ってみれば“俺様男子”。
自分がいちばんじゃないと気分が悪いし、
実際、それだけの力量を持っている場合が多い。
どんな場でも「俺に任せておけよ!」というオーラを放ってる。
頼りになる男性というわけね。

一方、月が蟹座にある女性は、母性愛に満ちている。
家族を愛し、家族のためによく立ち働き、
それこそ身を挺して家族を守ろうとする。

そんな組み合わせだから、
太陽=獅子座の夫は、外でガンガン働き、
ちゃんと稼ぎを家に入れれば、それでいい。
ぐいぐいと妻を、家族をリードしていけばいい。

ただし!
自分勝手ばかりだと、妻の機嫌を損ねてしまうので注意して。
休みの日に連続で用事を入れたり、
ひとりで勝手に遊びに行ったりでもしたものなら
妻はヒステリーを起こす…かも!?
なにしろ月=蟹座の女性は、感覚派で
感情の起伏が激しいからね。

そう、月=蟹座の妻が求めるのは
ちゃんと稼ぎ、立派な仕事をする夫であると同時に
家庭的な夫であること。
仕事のある日はともかくとしても
休日くらいは家族と一緒に楽しく過ごしてほしいと願ってる。
面倒でも、疲れていても、
なんであれ「家族がいちばん大切」「家族のために…」を実践しないことには
文句を言われ続け、
家庭内騒動に発展しかねないので気をつけて!



posted by taiyonomajo at nice!(1)  コメント(0) 

結婚コンビネーション【太陽・獅子座×月・山羊座】-2 [結婚コビネーション(太陽・獅子座)]

月の魔女・小泉茉莉花です。
結婚コンビネーション第31回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/my-art/fortune/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第31回目の今日は
男性の太陽が獅子座、女性の月が山羊座の結婚コンビネーション。
今日は女性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

獅子座は火の星座で山羊座は地の星座だけど、案外似た者同士な気がします。
どちらもはたで見ている方がつらくなるくらいがんばる。
獅子座はナンバーワンになるためなら人一倍頑張るし、
山羊座は持久力抜群の頑張り屋だからね。

なので太陽・獅子座×月・山羊座が結婚したら、いい夫婦になるために
それはそれは頑張る。
人からうらやましがられたいし、妻・夫としてほめられたいと思うから。
目的が同じだとこのコンビネーションは強い。

太陽・獅子座は自分がリードしている気がしているけど、
実は月・山羊座もそんな風にみえないとしても、超めだちたがりやで野心家。
表だって主導権争いはしないけど、
年月がたつにつれて、月・山羊座が主導権を握っているということになる。
で、その方が断然うまくいくのよね。

太陽・獅子座はそれに気がつかない。
月・山羊座の妻は太陽・獅子座の夫をほめておだてて、あなたが一番といつも言ってくれるからね。

月・山羊座は大器晩成なので、年をとるほど成功者になっていく可能性大。
妻から離婚届けなど突然つきつけられるなんていうのはこの組み合わせかもしれないわね。

太陽・獅子座は月・山羊座の妻を大事にしておかないとそういうことになりがちだから、
思いやりの気持ちをもちましょう!
nice!(0)  コメント(0) 

結婚コンビネーション【太陽・獅子座×月・山羊座】-1 [結婚コビネーション(太陽・獅子座)]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

結婚コンビネーション第31回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/my-art/fortune/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第31回目は
男性の太陽が獅子座、女性の月が山羊座の結婚コンビネーション。
今日は男性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

月が山羊座にある女性は、いささか地味ではあるものの
楚々とした素朴な美しさを持っています。
それは性格とも連動していて、
陰でコツコツとよく努力をし、必ず何らかの結果を手にします。
そのうえ、それを人にひけらかすこともなく、ね。
いわば堅実な努力家というところ。
どう? 妻にしたらとても安心!…ではないかしら?

ところが太陽が獅子座にある男性は、華やかで陽気なことが好き。
しかも俺様タイプだから、
妻を「どうよ? イイ女だろう!」と自慢して歩きたい。
にもかかわらず、月=山羊座の妻は、ひっそりと家を守り、
あるいは淡々と仕事をし、
派手な場には出て行きたがらない。
着飾ることも好きじゃないだろうし、アクセサリーやメークも必要最低限。
「なんかさぁ、もっとキレイにしろよぉ」と文句のひとつも出ちゃいそう。
そのへんは、まぁ、我慢しなくちゃね。
だって、じっくり観察すれば、地味ながらも素敵な女性なのだから。

もうひとつの危惧は、お互いに頑固なこと。
太陽=獅子座の夫は、言い出したら聞かないうえに
陽性の人なので、ガンガン主張する。
それに反して、月=山羊座の妻は
口を、まるで貝のように閉ざしてしまって、
事態が動くまでじーっと、ただひたすら待ち続ける。
考え方がぶつかったとき、妻の反応があまりに薄いがために
太陽=獅子座の夫はますますテンションが上がっちゃうかも。

けれどね、獅子座も山羊座も、上昇志向の強さはピカイチ。
豪邸に住みたいね、社長にまで出世しようよ…と目指すところは一致するはず。
だったら役割分担すればいい、
夫は表向きのこと、妻は内向きのことと。
表向きとは、社交だったり、外で働いたりすることね。
内向きとは、頭の中で計画を練ったり、根回ししたりすること。
それには確実に目標を一致させておくことが大事なんだけど、
それさえできれば、ひょっとしたら最強の夫婦、
というより最強の戦友になれるかもしれない。




posted by taiyonomajo at nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 結婚コビネーション(太陽・獅子座) ブログトップ
メッセージを送る