So-net無料ブログ作成
太陽と月の神話 ブログトップ
前の10件 | -

太陽と月の神話193 ミャオ族・9つの太陽 [太陽と月の神話]

こんにちは。太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

太陽と月にまつわるお話は世界中にたくさんあります。
太陽と月の魔女ブログでは、そんなお話をご紹介していきたいと思います。
今日は、中国ミャオ族に伝わる太陽の神話をご紹介しましょう。

その昔、空には太陽がひとつ、月もひとつあっただけ。
その時代はとても平和で、美しく、実りは多く、
人々も動物たちも満ち足りた暮らしをしていました。

ある年、突然、9つの頭を持つ大きな真っ黒の鳥がやってきて
地上を覆ってしまいました。
世界は真っ暗闇になってしまったうえ、
黒い鳥のせいで、雷鳴が鳴りひびき、大風が巻き起こり、
天地は引っくり返りそうなくらいに荒れ放題に荒れたのです。

この黒い大きな鳥は、太陽の樹に8つの金の卵を、
月の樹に8つの銀の卵を産みました。
8864日後、8つの金の卵は8つの太陽に、
8つの銀の卵は8つの月になり、
それ以来、空には全部で9つの太陽と9つの月が出るようになったのです。

そのため地上は干上がり、凶作が続きました。
幸いなことにミャオ族は洞穴に隠れ、災難を免れたのですが、
ミャオ語で“よい兄貴”という意味の名を持つミナションは
この状況に我慢がならなくなりました。
なにせ、助けを呼ぶ声がそこここから聞こえてきたのですから。

そこでミナションは鷹と赤牛、黒犬、雄鶏を連れて
偽の8個ずつの太陽・月の退治に旅立ちました。

まず暗闇にまぎれて鷹が、月の樹にいた8つの偽月の目をついばみました。
そして月の樹から落っこちた偽月8つ全部を黒犬が食べてしまいました。
本物の月は慌てて東の山の後ろに落ちてしまいました。

一方、ミナションは、太陽の樹で眠っていた8つの偽の太陽を
ナタの背で叩き落しました。
落ちた8つの偽太陽は、赤牛に食われました。

本物の太陽はというと、月の娘に自分が本物の太陽だということを示すため
とんぼ返りを打とうとして飛び上がったときに
ミナションの姿を見て、びっくり仰天、
東の山の向こうに落ちてしまいました。

以来、月の樹には月がなく、太陽の樹にも太陽がなくなってしまい、
世界はまた真っ暗に…。
しかもミナションは太陽の樹の上に取り残され、帰れなくなってしまったのです。

そんな折、黒くて大きな、9つの頭を持つ鳥が戻ってきて、
目、鼻、口から火を吐いて、ミナションを焼き殺そうとしました。
そして、またここで金の卵、銀の卵を産もうというのです。
黒い大きな鳥と、ミナションは命を懸けて戦います。

ミナションを助けようと、雄鶏が太陽に向かってやさしく歌いました、
「恥ずかしがってはダメだよ、早く出ておいで、おいで…」と。
すると真っ暗だった空に、本物の太陽が現れました。
世界は光を取り戻し、ミャオ達はまた幸せになりました。

一方、ミナションは大きな黒い鳥を殺し、
月へ飛び移っていったということです。
だから今でも月に見える黒い影は、英雄ミナションのもの。


※「太陽と月の神話50」にもうひとつのミャオ族に伝わる太陽神話があります。
「ミャオ族・6つの太陽」もご参照ください。


参考:『太陽と月と星の民話』三弥井書店

posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の神話 第192回 月の中に鍵 [太陽と月の神話]

月の魔女・小泉茉莉花です。

太陽と月にまつわるお話は世界中にたくさんあります。
太陽と月の魔女ブログでは、そんなお話をご紹介していきたいと思います。
今回は、月にあるという鍵の跡のお話をご紹介します。

聖ペテロが、ある日、天国の門のところで眠り込んで、
手にもっていた二つの鍵の一つを落としてしまいました。
ペテロはまた鍵を取ってきましたが、今でも、月には、
その鍵の跡がはっきりみえます。

参考文献 世界の太陽と月と星の民話 外国民話研究会編訳  三弥井書店

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の神話191  太陽に化けた三本足のカラス(新潟県十日町) [太陽と月の神話]

こんにちは。太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

太陽と月にまつわるお話は世界中にたくさんあります。
太陽と月の魔女ブログでは、そんなお話をご紹介していきたいと思います。
今回は、新潟県十日町に伝わる太陽にまつわるお話です。

そもそも太陽は、空にひとつだけ。
その時代は平和な日々が続いていました。

ところがある頃から太陽がふたつになってしまったのです。
それというのも、三本足のカラスが太陽に化けたからだったのですが、
そのせいで次々と病人が出るようになってしまいました。
人々は不安でたまりません。

そこで俵藤太(たわらのとうた・平将門を追討した藤原秀郷の別名)が
ふたつの太陽を見比べ、
色の薄いほうこそ偽物の太陽に違いないと判断し、
弓で射たところ、
太陽はあれよあれよという間に三本足のカラスの姿に戻り、
地上に落ちてきた、ということです。


参考:『太陽と月と星の神話』三弥井書店


posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の神話 第189回 不死の薬 [太陽と月の神話]

月の魔女・小泉茉莉花です。

太陽と月にまつわるお話は世界中にたくさんあります。
太陽と月の魔女ブログでは、そんなお話をご紹介していきたいと思います。
今回は、月にあるという不死の薬のお話をご紹介します。

かぐや姫は、月から天人たちが持ってきた不死の薬を地上に置いて、
月の都に帰っていきました。
帝はたいそう嘆いて、「天にいちばん近い山はどこにある?」
とききました。
そして、駿河の国にある山が天に近いときいて、
次の歌をしたためて薬を勅使にもたせました。

逢うことも 涙にうかぶ  我が身には

      死なぬ薬も   何にかはせむ

(あなたに逢うこともできなくて泣いてばかりいる私に、
不死の薬が何の役にたつでしょう)

勅使は帝の命にしたがって、その山の頂でこの歌を書いた手紙と
不死の薬の瓶をならべて火をつけて燃やしました。
その山が不死、すなわち、富士の山といわれているのだそうです。

参考文献 月の時間 森光伸 光村推古書院 
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の神話189 月姉さんに愛される太陽妹(中国・漢) [太陽と月の神話]

こんにちは。太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

太陽と月にまつわるお話は世界中にたくさんあります。
太陽と月の魔女ブログでは、そんなお話をご紹介していきたいと思います。
今回は中国は漢の時代に伝わったといわれる太陽にまつわるお話です。

天に高く輝く太陽と月は、義理の姉妹。
太陽の兄が、月の夫なのでした。
ふたりは「月姉さん」「太陽妹」と呼び合って、
それはそれは仲良く、一緒に天を動いていたのです。

あるとき月姉さんが言いました、
「私たちが一緒に天を動くから、
夜になると真の闇になってしまう。
別々に動いたほうがいいのではないかしら」と。

太陽妹は、兄嫁である月姉さんの言葉を尤も至極だとうなずくと、
月姉さんはさらに言いました。
「太陽妹よ、あなたは未婚の娘。
一日中、みんなの前に顔をさらすのはよくないわ」。

太陽妹は、自分を見ようとする人の目を針で突くから
心配しなくてもいいと伝え、
ふたりは別々に行動するようになったのです。

しかし月姉さんは、太陽妹の賢さを懐かしみ、
しょっちゅう太陽のあとを追いかけるのです。
そして29日目にはようやっと追いついて、
ふたりは別々の時間に起きたことを語り合います。
そしてまた別れ別れで動く、というわけです。


参考:『太陽と月と星の神話』三弥井書店



posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の神話 第188回 変若水(おちみず)と死水 [太陽と月の神話]

月の魔女・小泉茉莉花です。

太陽と月にまつわるお話は世界中にたくさんあります。
太陽と月の魔女ブログでは、そんなお話をご紹介していきたいと思います。
今回は、宮古島に伝わるお話をご紹介します。

昔、太陽と月が人間に長寿の薬を与えようとして、節祭(しつ)の新夜に
アカリヤザガマという男を使者として遣わしました。
アカリヤザガマは一方に若返りの水である変若水(おちみず)を
もう一方に死水をいれた二つの桶を担いで下界にくだっていきました。

この男は「変若水を人間に、死水は蛇に浴びせるように」と命令されていました。
ところが、途中で小便をした間に蛇に変若水を浴びられてしまって、
しかたなく人間に死水をあびせて天に帰りました。

それで、怒った天道様は、この男に罰として、
桶を担いだまま月のなかにいつまでもたっているように命じました。

このときから蛇は、変若水(おちみず)を浴びたおかげで
脱皮して生まれ変わっていつまでも長生きできることになり、
死水を浴びた人間は、死の運命をもつことになりました。

ただ、神様が人間を憐れみ、永久の生命でなくても、
多少の若返りはさせてやろうとして、毎年、節日の祭日に向かう夜に
天から若水がおろされるのだそうです。
それで、今でも、その祭日の明け方に井戸から若水を汲んで、
家族みんながそれをあびるのだそう。

参考文献 世界神話事典 創世神話と英雄伝説 角川ソフィア文庫

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の神話187  太陽、魂を吹き込む(トリンギット族) [太陽と月の神話]

こんにちは。太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

太陽と月にまつわるお話は世界中にたくさんあります。
太陽と月の魔女ブログでは、そんなお話をご紹介していきたいと思います。
今回はアラスカのトリンギット族に伝わる太陽の神話です。

遠い遠い昔、この世には何もなく、誰もいませんでした。
誰もいないとはいっても、1羽のワタリガラスはいたのです。
そのワタリガラスは素晴らしい力を持っていて
地上のすべてのものを創り出しました。
人間はもちろんのこと、山や川、あらゆる動物や鳥、魚、木々、岩、風までも!

ところが、せっかく創ったにもかかわらず、
それらはまったく動きませんでした。
まるで凍り付いたかのように、ビクともしないのです。
というのも魂が入っていなかったから。

そこでワタリガラスは1羽の若いタカに
火の玉、つまり太陽を取ってくるようにと命じました。
とても危険な話ではあったけれど、タカは命に従いました。
そして熱に身を焼かれ、熱さと痛さに泣きながらも、
ようよう火の玉を持ち帰ることができたのです。
そして、火の玉の炎を、この世のあらゆるものに投げてやりました。

すると、すべてのものに魂が吹き込まれ、
動物や鳥、魚たちは生き生きと動き出し、
木々はすくすくと伸びていったということです。


参考:「森と氷と鯨-ワタリガラスの伝説を求めて」星野道夫(世界文化社)




posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の神話 第186回 二月男 [太陽と月の神話]

月の魔女・小泉茉莉花です。

太陽と月にまつわるお話は世界中にたくさんあります。
太陽と月の魔女ブログでは、そんなお話をご紹介していきたいと思います。
今回も前回に続き、フランスのお話をご紹介します。

昔、すごく欲張りな男がいました。
儲けを増やすためなら、昼も夜も日曜も祭日もなしに働いていました。
ある日、神様がおっしゃいました。

「男よ。おまえは私の命令に背いている、過ぎたことは仕方がない。
これまでの罪は許そう。今後はもっと分別をわきまえなさい」

しかし、男は神様の忠告に従いませんでした。
次の日曜日は何ごともなく過ぎ、そのつぎの日曜も無事にすぎました。

でも、三度目はそうはいきませんでした。
茨の束を背負って、森から戻る途中、男は神様に会いました。
「おまえはまた私の命令にそむいた。罰として、おまえを閉じ込めることにしよう。
太陽と月とどちらかを選びなさい。
「太陽は燃え、月は凍えるぞ」

男は月を選びました。
そこで神様は男を茨の束もろともに月に閉じ込めました。
そのことが起こったのは二月でした。
なので、男は二月とよばれていました。

満月になると男の影と薪の束の影をみることができる。
二月男は神様が命じたときに休もうとしなかったから、
男は審判の日まで天空の月の中で回っていることになったのです。




参考文献 太陽と月と星の民話 日本民話の会・外国民話研究会編訳 三弥井書店


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の神話185  太陽を救う兄妹(中国・トン族) [太陽と月の神話]

こんにちは。太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

太陽と月にまつわるお話は世界中にたくさんあります。
太陽と月の魔女ブログでは、そんなお話をご紹介していきたいと思います。
今回は中国トン族に伝わる太陽にまつわるお話です。

昔、太陽は沈まず、一年中が明るい春のようでした。
人々は満ち足り、太陽を宝物そのものだと思っていました。

そのころ、地下には人を食う悪魔シャンジュがいました。
シャンジュは太陽を見ることを最も恐れていました。
というのも太陽に照らされると何も見えなくなり、一歩も歩けなくなるから。
そのため太陽を心の底から憎んでいたのです。

シャンジュは999人でようやっと抱えられるほどの太い鉄のこん棒を作り、
ある日、このこん棒で太陽に殴りかかりました。
太陽はかけられている金のカギから外れ、天から落ちてしまいました。
とたんに世界は真っ暗闇に…。
そしてシャンジュは暗闇の中で人間を食い荒らしたのです。

兄クワンと妹メンは、人々と相談し、太陽を見つけ出して、
天に引き上げることにしました。
兄クワンは長い長い杉のはしごを作りました。
妹メンは、太陽を吊るすための麻縄を作りました。

妹メンはさんざん歩いた末に、太陽を見つけることができました。
ところが嬉しさのあまりに笑い出したその声は
悪魔シャンジュの耳に届き、食われてしまったのです。

兄クワンは太陽をかけていた金のカギをさがし出し、
縄を通して、天のはしごを伝って地上に降りてきました。
こうして太陽はようやく天に引き上げられたのです。

悪魔シャンジュは、太陽の熱く明るい光に目を傷めつけられ、
地下へと潜ろうとしましたが
人々は一斉にシャンジュに殴りかかり、
この悪魔を撃ち殺してしまいました。
こうして人々にまた幸せな日々が戻ったということです。


参考:「太陽の月と星の民話」日本民話の会・外国民話研究会/三弥井書店



posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の神話 第184回 月の中の悪魔 [太陽と月の神話]

月の魔女・小泉茉莉花です。

太陽と月にまつわるお話は世界中にたくさんあります。
太陽と月の魔女ブログでは、そんなお話をご紹介していきたいと思います。
今回は フランスのお話をご紹介します。

フランスのイール・エ・ヴェレーヌ県では、
月の中の男は時として悪魔だとされているそう。

悪魔は熊手の先に地獄に堕ちた人を刺し、
釜に投げ込もうとしているのだとか。

また、悪魔が地獄の火を焚くために薪を集めているのだという
言い伝えもあるそうです。

参考文献 太陽と月と星の民話 日本民話の会・外国民話研究会編訳 三弥井書店


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い
前の10件 | - 太陽と月の神話 ブログトップ
メッセージを送る