So-net無料ブログ作成
検索選択

結婚コンビネーション【太陽・射手座×月・天秤座】-2 [結婚コンビネーション(太陽・射手座)]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

結婚コンビネーション第74回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://tiara.cc/~blue/art/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第74回目の今日は
男性の太陽が射手座、女性の月が天秤座の結婚コンビネーション。
第2ラウンドでは、女性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

月が天秤座にある女性から見たら、
太陽が射手座にある夫は、いささか自分勝手。
せっかくふたりでゆっくり過ごせるはずの休みの日も
妻をかえりみずに、ひとりでさっさとお出かけしてしまうのだから。
相談ごとをしたくても「キミの好きなようにすればいいよ」と
すげない返事。

それというのも太陽=射手座の男性は、独立心が強く、
いつも自由でいたいから。
妻を愛していても、いつも一緒にいるというのは
彼にとって負担以外のなにものでもない
そして、自分が家庭や妻に束縛されたくないのと同じように、
妻も束縛したくない。
だから、そんなすげない態度をとるというわけ。

もっとも月=天秤座の妻とて、年柄年中、夫とべったりしていたいわけじゃない。
そりゃ、たまには一緒に、夫婦らしいことをしてみたいとは思うでしょうし、
いつもいつも家にひとりで取り残されるのはイヤだけれど、
お友だちづきあいもあるし、遊びたいし、
ショッピングにも行きたいし…と、夫ナシでも楽しいことがいっぱい。

また、夫も妻も、知的なタイプ。
話し出したら、お互いに持っている知識を出し合って
話が盛り上がること、うけあい。

だから本音をさぐれば、利害一致の夫婦といってもいい。
…それにしても夫に対して”自分勝手“という印象はぬぐえない。

といって夫を責めちゃダメ。
「あなたはいつも勝手なことばかりやってるんだから!」と言えば言うほど
ますます好き勝手をやって
しまいには家に戻らなくなっちゃう…なんてことがあるかも。

夫の勝手な行動を許し、
自分も好きなことを、自分のスケジュールでやってしまえばいい。
たまには夫だって「キミと一緒にいたいよ」ということもあるかもしれない。
そんなときは「私は〇〇に行かなきゃいけないの」と自分の都合を押し出してしまいましょ。
太陽=射手座には「逃げるものを追いかける」という習性があるので
そうやって夫に肩透かしを食らわすことが
実は彼の妻への執着心を刺激するというわけ。
つかず離れず、ときに追いかけさせて、
上手に対応をしていくことが
円満夫婦でいるコツといえそうね。




posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い
メッセージを送る