So-net無料ブログ作成

結婚コンビネーション【太陽・獅子座×月・牡羊座】 [結婚コビネーション(太陽・獅子座)]

月の魔女・小泉茉莉花です。
結婚コンビネーション第98回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://mysteryart.web.fc2.com/fortune/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第98回目の今日は
男性の太陽が獅子座、女性の月が牡羊座の結婚コンビネーション。
今回は男性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

獅子座と牡羊座は同じ火のエレメンツなのでマニュアル通りにいえば相性がいい。
これやろうといえば、次の瞬間には実現しているというぐらいスピーディ。
趣味・し好や行動パターンとか似ているところは多いけど、
どちらもナンバーワン志向が強くて、自分がイニシャチブをとりたいタイプなので、
主導権争いは壮絶。すごく相性がいいとはいえないかも。

相手の話をきかないし、相手のいうこともきかないので、
どちらも勝手にやってしまって、相手を怒らせることしばしば。

でも、火の星座の争いごとのいいところは、一晩たてばケロリと忘れること。
根にもったりしないけど、またすぐに喧嘩が始まる。
争いごと大嫌いな人にはすごい家庭みたいにみえるかも。

本人たちは明るくて、何でも言いたい事を言い合えて、
すっきりと楽しい。

太陽・獅子座はエリート志向が強くて、それはそれは頑張る。
自慢の妻であってほしい月・牡羊座も頑張り屋だから、太陽・獅子座は文句はない。

ふたりで一番めざして頑張る。はたからみたら大変そうだけど、本人たちはそれがふつー。

ただし、月・牡羊座は器用じゃないので、仕事も家事もとなるとどちらかに偏る可能性がある。
家事なら問題ないけど、仕事に偏りすぎると太陽・獅子座はちょっとおもしろくないかも。
特に、月・牡羊座が太陽・獅子座より成果をあげていたりすると、妻にライバル心をもやす。
月・牡羊座はカカア殿下なので、そんなことは気にせず、突き進む。
太陽・獅子座は悔しいと思うなら、負けないように頑張ればいい。
でも、月・牡羊座は太陽・獅子座の前では、大好きな自慢話も控えめにして、
少なくとも表では、相手を立てておく方がうまくいきます。

似た者同士のカップルで、相手のことは手にとるようにわかるのだから、
気にいらないことがあっても、戦闘モードに入らないことが夫婦円満のひけつだと思うわ。





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る