So-net無料ブログ作成

結婚コンビネーション【太陽・乙女座×月・双子座】-2 [結婚コンビネーション(太陽・乙女座)]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

結婚コンビネーション第82回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://tiara.cc/~blue/art/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第82回目の今日は
男性の太陽が乙女座、女性の月が双子座の結婚コンビネーション。
第2ラウンドでは、女性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

月の魔女が前述していたとおり、
乙女座と双子座は、同じ水星に支配されている星座。
だから互いを理解しやすいコンビネーションともいえるのだけれど、
決して相性がいいわけではない、と私は思う。

そもそも乙女座と双子座は、ホロスコープ上で90度スクエアの凶角関係。
ぶつかることが多い角度関係と言われているふたつの星座が夫婦になるわけで
相当な努力が必要なんじゃないかしら。

どちらも神経が勝ったタイプなので、
相手の言動にイライラさせられることが多そう。
とくに月=双子座の妻にとって、太陽=乙女座の夫は細かすぎる。
要はデリケートなんだけど、その細かさが妻の神経を刺激してしまう。
家具のすみっこを覗いて、眉根に皺を寄せながら「ここ、掃除してるよね?」なんて言う夫…。
料理を作っても、難しい顔して、美味しくなさそうに食べる夫…。
これで妻がイラつかないわけがない。

また、きちんとしている太陽=乙女座の夫からの
「家計簿つけて、ちゃんと家計管理しようよ」といった提案だって、
ひょっとしたら夫の言う通りかもしれないけど、
ノリで生きてる月=双子座には難しい注文。

しかも夫の言葉は、ビシッと的を射ている。
それだけに、頭の回転がはやくて言葉数の多い月=双子座の妻も
なかなか太刀打ちできない。
そこで次々と言葉を繰り出して応戦することになる。
夫だって、妻に負けず劣らず言葉数が多く、黙っちゃいない。
…口論が多い夫婦だよね。

だけど、どちらも理解力があるし、“話し合い“を受け入れる素地はある。
互いに歩み寄る道を探すべく、何度も何度も話し合ってみるのがいいと思う。
「気配で夫が何を感じているかを察する」なんてことを続けると
クタクタになってしまうから、気をつけてね。


posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る