So-net無料ブログ作成

結婚コンビネーション【太陽・獅子座×月・乙女座】-2 [結婚コビネーション(太陽・獅子座)]

月の魔女・小泉茉莉花です。
結婚コンビネーション第81回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://tiara.cc/~blue/art/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第81回目の今日は
男性の太陽が獅子座、女性の月が乙女座の結婚コンビネーション。
今回は女性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

月・乙女座はナンバー2でありたいタイプ。   影の主導者希望。
太陽・獅子座は自分が主導権をとりたいタイプ。亭主関白希望。

というわけで太陽・獅子座が主導権を握ってぐいぐい進めていき、
月が乙女座がそれに従う・・・ようにみせて影で牛耳っているという
理想的な夫婦関係。

月・乙女座は家のことを完璧にこなす。仕事もできる。
太陽・獅子座は頼りになる夫。エリートコースまっしぐらでよく働く。
うまくいっているときはこれほど強力なコンビネーションはないけど、
月・乙女座は神経質。
太陽・獅子座のがさつなところが気になりだすと厳しく指摘する。
太陽・獅子座はごちゃごちゃいわれるのが大嫌い。けんかになる。

だから、太陽・獅子座は家のことはまかせていいんだけど、
余計な仕事は増やさないように努力する必要がある。
太陽・獅子座はぐいぐいひっぱっていくのはいいんだけど、
大事なことは必ず月・乙女座に相談すべき。
事後報告だと優秀な補佐役である月・乙女座も後処理が大変だからね。

太陽・獅子座はパートナーを連れて歩いて自慢するのが好きだけど、
月・乙女座はそれがあまり好きでないからナンバー2のポジションにいるわけだから、
無理に外に連れ出してはだめ。
月・乙女座がいかないといったからといって、他の女性を連れ歩くのはもっとだめ。
ってことになりかねないので月・乙女座もたまには太陽・獅子座につきあってでかけましょう。
自慢するってことはほめてくれるってことだからね。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る