So-net無料ブログ作成
検索選択

結婚コンビネーション【太陽・獅子座×月・射手座】-2 [結婚コビネーション(太陽・獅子座)]

月の魔女・小泉茉莉花です。
結婚コンビネーション第73回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://tiara.cc/~blue/art/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第73回目の今日は
男性の太陽が獅子座、女性の月が射手座の結婚コンビネーション。
今回は女性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

基本、獅子座と射手座は同じ火の星座なので相性はばっちり。
火の星座同士だと主導権争いになりがちなのだけど、
射手座の場合は競争心がないので主導権は心よく獅子座にゆずってくれそう。

だからといって、射手座が獅子座の傘下にはいってくれるわけじゃない。
競争はしないけど、言う事も聞かないので、
太陽・獅子座は主導権を握っていてもあまり意味がないかも。
どうしても、言う事をきかせたくて高圧的な態度をとろうものなら
月・射手座はすぐに逃げ出すので注意。
さらに、月・射手座は話あってきめるというタイプでもない。
でも、太陽・獅子座が魅力的であれば必ず月・射手座は離れないから、
無理に言う事きかせようとしないで、自分磨きに精を出す方がよさそう。

もっとも、いつもいつも二人が違う方向をむいているわけじゃない。
同じ目的をもてばこれほど強いコンビネーションはない。
それこそ火のように燃えて、どんな高い壁でものりこえて、
短い時間で目的を達成できそう。

太陽・獅子座はいつも月・射手座に課題を与えるのがいいかも。
二人でテニスのペアを組むとか、ダンスのペアを組んで競技会にでるとか。。。
楽しいことがおすすめです。
月・射手座はナンバーワンにはならなくていいと思うけど、
自分が納得いくまでやるので、結果、ナンバーワンになれたりするはず。

月・射手座はけんかも苦手なので、太陽・獅子座にがーっといわれると
こちらも逃げ出す可能性大だけど、
すぐにさめるので右から左に聞き流していれば大丈夫。
けんかをおそれず言い合うのもいいんだけど。
まあ、火の星座だから、よほどのときは言うと思うから心配ないと思うけど。

スピーディでポジティブで、とてもいいコンビネーションだと思うわ。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る