So-net無料ブログ作成

結婚コンビネーション【太陽・天秤座×月・双子座】-1 [結婚コンビネーション(太陽・天秤座)]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

結婚コンビネーション第65回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://tiara.cc/~blue/art/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、65回目の今日は
男性の太陽が天秤座、女性の月が双子座の結婚コンビネーション。
まずは男性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

天秤座と双子座は、同じ「風」の属性。
理知的で合理的で、知的な遊びが好き、という共通点があります。
だから基本的な相性はとてもいい。

で。
太陽が天秤座にある男性は、社交的でおしゃれ。
長いものには巻かれるほうがラクチン、という性格傾向。
何かにしがみつく強引さがまったく、ない。

一方、月が双子座にある女性は、理屈が好きで、おしゃべり上手で
今の世の中の流行りをよく知っている情報通。

ふたりとも外へ外へと広がっていくタイプなので
相性がいいのだけれど、家庭としてのまとまりがない。
もしも太陽=天秤座の夫が、ふとしたはずみで
「ちゃんと家族をしようよ」と思っても、それはなかなか難しい。
そもそも自身も、妻も、家庭らしい家庭、家族らしい家族を求めていないのだから。
単に“言葉の遊び”で終わっちゃいそう。

互いに求めるのは、風通しのよい家庭。
友達が頻繁に出入りして、いろんな話で盛り上がって、
週末にはホームパーティしたり、その場のノリで遊びに出かけたり。
そんな融通無碍で楽しい家庭を求めている。

家事も、できるほうがやればいいというのが、夫婦の共通見解だし、
「ボク、主夫になってもいいよ」と言い出す可能性も高い太陽=天秤座の夫。
それに対して、月=双子座の妻は「それもいいね」と気軽な返事。

同じ方向を向いているので、まとまりがないように見えて
案外まとまってるのが、このコンビネーション。

ちょっと気になるのが、太陽=天秤座の男性がモテること。
おしゃれで物腰が柔らかで、ステキな男性だから
女性が放ってはおかない。
うっかり誘いに乗ってしまったら、浮気・不倫となってしまう…。
それを怒るような妻ではないはずだけれど
後味悪いから、どうか自分に歯止めをかけましょうね。



posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る