So-net無料ブログ作成
検索選択

結婚コンビネーション【太陽・獅子座×月・山羊座】-1 [結婚コビネーション(太陽・獅子座)]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

結婚コンビネーション第31回目をお送りします。

太陽は男性性をつかさどり、男性の象徴です。
ですので、男性は太陽星座をチェックします。
一方、月は女性性の象徴ですから、
女性は月が何座にあるのか、月星座を確認してください。

※月星座がわからない方は、Mystery ArtHP[天体位置の計算]で簡単にだせます。
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/my-art/fortune/ftasbody.html

「自分は○○座生まれで、相手は△△座生まれだから…」という相性の見方は
一面ではとても正しい考え方です。
基本的性格を意味する太陽星座(太陽が何座にあるか)を知れば
互いが本質的に求めているものがわかり、相手を理解できるようになります。

しかし、人間には多様性があります。
とくに家庭生活は月に支配されることが多いうえに、
前述したように、女性は月の影響下にあるので、
女性の月星座を知ることで、より深く互いの相性を理解できるはず。

さて、第31回目は
男性の太陽が獅子座、女性の月が山羊座の結婚コンビネーション。
今日は男性側から見た場合の結婚相性をチェックしていきましょう。

月が山羊座にある女性は、いささか地味ではあるものの
楚々とした素朴な美しさを持っています。
それは性格とも連動していて、
陰でコツコツとよく努力をし、必ず何らかの結果を手にします。
そのうえ、それを人にひけらかすこともなく、ね。
いわば堅実な努力家というところ。
どう? 妻にしたらとても安心!…ではないかしら?

ところが太陽が獅子座にある男性は、華やかで陽気なことが好き。
しかも俺様タイプだから、
妻を「どうよ? イイ女だろう!」と自慢して歩きたい。
にもかかわらず、月=山羊座の妻は、ひっそりと家を守り、
あるいは淡々と仕事をし、
派手な場には出て行きたがらない。
着飾ることも好きじゃないだろうし、アクセサリーやメークも必要最低限。
「なんかさぁ、もっとキレイにしろよぉ」と文句のひとつも出ちゃいそう。
そのへんは、まぁ、我慢しなくちゃね。
だって、じっくり観察すれば、地味ながらも素敵な女性なのだから。

もうひとつの危惧は、お互いに頑固なこと。
太陽=獅子座の夫は、言い出したら聞かないうえに
陽性の人なので、ガンガン主張する。
それに反して、月=山羊座の妻は
口を、まるで貝のように閉ざしてしまって、
事態が動くまでじーっと、ただひたすら待ち続ける。
考え方がぶつかったとき、妻の反応があまりに薄いがために
太陽=獅子座の夫はますますテンションが上がっちゃうかも。

けれどね、獅子座も山羊座も、上昇志向の強さはピカイチ。
豪邸に住みたいね、社長にまで出世しようよ…と目指すところは一致するはず。
だったら役割分担すればいい、
夫は表向きのこと、妻は内向きのことと。
表向きとは、社交だったり、外で働いたりすることね。
内向きとは、頭の中で計画を練ったり、根回ししたりすること。
それには確実に目標を一致させておくことが大事なんだけど、
それさえできれば、ひょっとしたら最強の夫婦、
というより最強の戦友になれるかもしれない。




posted by taiyonomajo at nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る